カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 大人 >
  5. 風疹の予防接種に副作用はあるの?

健康診断・健康管理

風疹の予防接種に副作用はあるの?

ワクチン

 

風疹の感染を防ぐためのワクチン。
病気を防ぐための行うものですが、そのせいで病気になったりはしないのでしょうか?

 

風疹予防接種の副作用についてご紹介します。

 

▶そもそも予防接種のワクチンって何?

 

ワクチンは感染症を防ぐための医薬品。


ワクチンの原料となるのは、毒性をなくした病原菌か毒性を弱めた病原菌です。

 

つまり、風疹の予防接種の場合、風疹ウイルスをわざとカラダに取り込むということ。微量のウイルスをカラダに入れることで、そのウイルスに対する抗体を作り出すのです。

 

風疹に一度感染するとかからないと言われるのは、カラダの中に抗体ができるから。予防接種は症状をおさえてその一度感染した状態を作り出すことができるのです。

 

ちなみに、風疹の予防接種の場合、生ワクチンが使用されます。
生ワクチンは毒性を弱めたウイルスが入ったワクチン。毒性をなくしたものより情報を多く取り込むことができるので、ワクチンの効果も長続きします。

 

しかし、この生ワクチンは生きているウイルスをそのまま体内に取り込むため、接種後に異変をきたす可能性は否めません。これが予防接種の副作用といわれるものです。

 

▶風疹の予防接種で起こる副作用とは?

 

予防接種で風疹にかかる可能性があります。
ただし、その確率は100人のうち2人いるかいないか。しかも、症状はごくごく軽いもの。

 

前述したように、風疹の予防接種に使用されるワクチンは生きた風疹ウイルスですから、予防接種で風疹にかかる可能性は残念ながらゼロではありません。

 

とくに、カラダが弱っているときにこのような副作用を発症してしまうことがあります。

 

「熱があるときは予防接種ができない」子供の頃にそう言われたことはありませんか?注射がいやで、嘘の申告をした思い出がある方もいるのでは?

 

熱があるとそれだけカラダが弱っているということ。その状態で予防接種をしたら、そのワクチンの中に入っている病原体に感染してしまう恐れがあるので、熱があるときは予防接種を受けることができないというワケですね。

 

風疹による副作用は、風疹の症状が出る可能性、そしてその症状が重症化する可能性、そしてワクチンの接種によるアナフィラキシーショックなど。

 

危険性がゼロとはいえないのが現状です。

 

予防が第一ですので気を配り感染から身を守りましょう!

 

 (Photo by: [//pixabay.com/ja/%E8%96%AC-%E5%81%9C%E6%AD%A2-%E4%BA%88%E9%98%B2%E6%8E%A5%E7%A8%AE-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E7%97%85%E6%B0%97-%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC-%E4%B8%AD%E6%AF%92-21987/])

著者: 健康第一さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大人に関する記事

注射や採血による腕の内出血…症状の特徴と注意点とは?

注射や採血などの医療行為により、腕に内出血を生じることがあります。注射後の内出...

採血の後は揉まずに押さえることが大切?

  健康診断で採血したあと、びっくりするほど内出血したことはありませんか?...


冬に毎年流行するインフルエンザ…そのワクチンは効果があるの?ホントとウソについて

    毎年冬が近づくと、インフルエンザが流行することが多いですよね。毎年、イ...

注射のとき空気がはいったら危険なの!?

  「血管に空気が入ったら死んでしまう」とよく耳にしますが、じっさいにはど...

カラダノートひろば

大人の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る