カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. 騒音性難聴の難聴以外の症状とは

気になる病気・症状

騒音性難聴の難聴以外の症状とは

クローバー

 

騒音性難聴とは、長期間大きな音にさらされたときに、内耳の細胞が損傷して難聴が発症する病気です。

内耳が損傷すると難聴だけでなく、その他症状が出てきます

 

耳鳴り

 

キーンとかブーンとかの持続的な音が常に鳴り続けます。一日のうちに何時間というのではなく、24時間ずっとなり続けます。

 

めまい

 

損壊が平衡感覚をつかさどっている部分に及ぶとめまい症状が出てきます。この症状も24時間持続する場合があります。

 

急性期といって、難聴が出てから一週間以内であれば、病院での治療で回復が期待できますが、それ以上経過してしまうと内耳の細胞の損傷は回復できずに、一生難聴などの症状はそのままという可能性が高くなってしまいます。

 

また急性期に治療を行ったからといって100パーセント回復するわけではありませんので、回復しなかった場合は耳鳴りなどの症状とうまく付き合っていく以外に方法はありません

 

付き合い方としては極力ストレスをためないことを医師などには指導されます。

耳鳴りなどは気にすれば気にするほど、どんどんうるさくなってきてしまうのであまり気にしないよう努力するしかないでしょう。めまいのほうも内科治療などを受けながら、自分なりに慣れる方法を探していくしかないでしょう。

 

内耳の病気は現代の医学では治しにくいものがたくさんあります。

異常を感じた時点で早急に治療を開始すれば治るものもありますので、早期に病院を治療する習慣をつけておくほうがいいでしょう。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2013/03/24-377468.php?category=3

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

毎日の生活で意識をするだけで防げる!おうちで出来る★ヘッドホン難聴の予防法!

ヘッドホン難聴とは、大きな音を継続的に聞いたり耳に負荷を与えてしまうことで聴...

初期の場合は回復可能!騒音性難聴の治療

大きな音を持続的に聞いて起こる騒音性難聴の初期の場合や、爆音などを聞いたときに...


ヘッドホンで音楽を聴くのが危険?高音から徐々に聞こえなくなるヘッドホン難聴に注意!

  移動の際にヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いているという人は注意してください...

普段騒音がひどい場所で働いてる方は注意!慢性的な騒音性難聴を放っておくと起きる大変なこと

  ライブ会場で働く方やパチンコ店で働く方などが悩まされやすいのが、騒音が原因...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

騒音性難聴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る