カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 排卵誘発剤の影響で多胎妊娠が急増中!

妊娠・出産

排卵誘発剤の影響で多胎妊娠が急増中!

多胎妊娠

 

 

排卵誘発剤の影響で多胎妊娠が急増しているそのワケとはどんなものなのでしょうか?

 

排卵誘発剤がなぜ多胎妊娠を誘発させるのか? 

排卵誘発剤はその名の通り、医薬品を使用して排卵を誘発する薬です。

 

排卵誘発剤は月経不順や排卵障がいが原因で、排卵がスムーズに行なわれていない方への治療として行なわれる治療の一環です。

 

排卵をスムーズに行なわれるためにはホルモンの分泌が大きなカギを握っています。このホルモンの分泌になんらかの異常があると、排卵がスムーズにうまくいかなくなり、妊娠しにくいカラダになってしまうのです。

 

それを改善するために使用されるのが、排卵を誘発させる「排卵誘発剤」。

 

薬により排卵効果を高めるため、きちんと1個ずつ排卵させるというのが難しく、1度に多くの卵子を排卵してしまうということが起こりうるのです。

 

これが、排卵誘発剤が多胎妊娠を引き起こす大きな要因といわれる理由です。

 

 

排卵誘発剤の種類 

<下垂体性ゴナドトロピ製剤>

摂取タイプ:注射

 

もっとも強力なタイプの排卵誘発剤で、卵巣を直接的に刺激し、排卵を誘発する効果があります。重度の排卵障がいの人や体外受精を行なう際に使用される排卵誘発剤です。

 

この薬による排卵効果は70%と高く、40%が妊娠に至るといわれています。

 

しかし、薬の効果が強力なため、副作用などの心配も高く、十分な注意が必要な薬剤です。

 

<クエン酸クロミフェン製剤>

摂取タイプ:内服

 

現在もっともポピュラーな排卵誘発剤です。

 

副作用の心配も低く、安全性が高いとして多くの不妊症に悩む方に使用されています。

 

この排卵誘発剤は卵巣に働きかけるものではなく、排卵に必要なホルモン分泌の促進を助けるタイプのものになります。

 

排卵効果は70%〜80%と高いものですが、妊娠に至るものは20%と低くなっているのが現状です。

 

クエン酸クロミフェン製剤を用いた場合、4%が多胎妊娠であるケースが見られ、せっかく妊娠しても流産してしまうというケースも多いといわれています。

 

 

排卵誘発剤の使用には注意が必要 

不妊治療に用いられる排卵誘発剤ですが、上記にあげたようにリスクを伴うものです。かかりつけのお医者さんとよく相談して、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

できれば、ひとつの病院ではなく、多くの病院を受診し医師が提示する治療案を検討して、よりよい治療法を自分で選択するようにすることをおすすめします。

 

(Photo by: [http://pixabay.com/ja/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E8%85%B9-%E4%BD%93-%E5%AD%90-%E6%9C%9F%E5%BE%85-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3-%E6%AF%8D-18937/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多胎(双子)に関する記事

「高齢」でしかも「多胎」妊娠!増える妊娠出産に関するリスクとは?

双子を妊娠する人というのは、比較的高齢な人が多いということを知っているでしょう...

双子だから起こる!妊娠中のトラブル「双胎間輸血症候群」

妊娠トラブルというと様々ありますが、中には双子妊娠特有のトラブルというものも...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る