カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. 過換気症候群の正しい治療法とは?

メンタル

過換気症候群の正しい治療法とは?

今まで常識的に行なわれていた「ペーパーバッグ法」はリスクの高い治療法だということが発覚しました。

 

では、過換気症候群の発作が起きた場合どのような治療を行なうのが正しいのでしょうか?

 

ペーパーバッグ

 

▶過換気症候群の正しい治療法

 

1.息を吐くことを意識しましょう。
過換気症候群はカラダの中の酸素量が増え過ぎて起こる発作です。酸素を吐き出すイメージで、息を吐くことを意識して呼吸しましょう。また、このとき不安を一緒に吐き出すようなイメージを持つとより効果的です。不安は過換気症候群の原因。その不安感をカラダの中から取り除くイメージをすることで心の中が軽くなります。

 

2.吸うと吐くの割合は「1:2」。
大きく息を吸うと酸素の割合が正常にならないので、息を吐く割合を多くしましょう。このとき、手のひらをお椀状にして口の前に持っていきながら呼吸すると早く落ち着きます。ただし、指と指の間には軽く隙間をあけておくこと。密封してしまうと、二酸化炭素と酸素の量が急に逆転してしまい、酸欠状態になってしまう危険性があります。

 

3.10秒くらいの時間をかけて吐くこと。
息を吐く前に少しだけ息を止めて、10秒くらいの時間をかけてゆっくりと吐きましょう。ただし、吸うときは深く吸わず普通に。深呼吸をしてしまうと過換気症候群の症状は改善せず、悪化してしまいます。ゆっくり息をすることは大事ですが肺に深く息を入れないように注意しましょう。

 

4.胸をゆっくり押して、ゆっくりとした呼吸を促しましょう。
息苦しいときに呼吸だけ整えようとしても難しい場合があります、そんなときは胸をゆっくり押しながら呼吸をするようにしましょう、近くに人がいる場合はゆっくりと背中を押してもらってください。

 

過換気症候群の発作を止めるにはゆっくりと呼吸をすることが大切。この呼吸法を行なってみても症状が改善しない場合は速やかに救急車を呼びましょう。

 

もしかしたら、過換気症候群ではなく、ちがう病気の発作を起こしている可能性もあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/09/25-003185.php])

著者: 健康第一さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

パニック障害の原因になりうる要素が多い?!芸能人のパニック障害!

インタビューや著書で、自身がパニック障害を患っていることを告白する芸能人・著...

不安障害の代表的な疾患「パニック障害」日本におけるパニック障害患者の数は?

  精神疾患のひとつであるパニック障害は、近年よく聞かれるようになった病名です...


精神的な不安が引き金!?過換気症候群

過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)とは精神的な不安などが引き金となって引き起...

パニック障害の人はうつ病になりやすい?!パニック障害で併発する症状・疾患

パニック障害そのものの症状ではありませんが、パニック障害の人が併発しやすい症...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る