カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆石症 >
  5. 胆嚢結石症いわゆる胆石の治療法と予防の仕方

気になる病気・症状

胆嚢結石症いわゆる胆石の治療法と予防の仕方

胆のう結石 

 

胆嚢結石症(胆石)による疝痛発作!
放っておくと激痛に襲われますよ。

 

▶胆嚢結石症とは?

 

胆道の中に石ができる病気を胆嚢結石症(たんのうけっせきしょう)といいます。

 

胆嚢結石症は結石症の中でも一番ポピュラーなもの。
中でもコレステロール胆石と呼ばれるタイプの結石ができやすく、肥満気味の人や高脂血症気味の人に多いと言われています。

わかりやすいところでいうと、油分の多い食べ物、高カロリーな食べ物が好きな人がかかりやすい病気です。

 

この胆嚢結石症に気づく一番多い症状は「胆石疝痛発作」(たんせきせんつうほっさ)と呼ばれるもの。

 

食事の後に胆のうが収縮しようとして胆汁を出すときに胸と背中に激痛が走る…これが胆石疝痛発作です。

 

実はこの胆嚢結石症、1個や2個の結石ができたのだと思いがちですが、胆石疝痛発作が起きる頃には100個クラスの結石ができていることが多いのです。

 

その大量の結石が胆のうの収縮作用により胆管などに向かうのですから、その痛さたるや半端なものではありません。

 

▶胆嚢結石症の治療

 

<薬で溶かす>
胆のうにできた結石を薬で溶かす治療法です。
薬ですので、治療に対しての痛みはありませんが完治するのにかなりの時間がかかります。

 

<体外衝撃波治療>
衝撃波でカラダの外から結石を砕く方法。
胆のう炎を併発している場合と、コレステロール以外の結石ができている場合はこの治療法は受けることができません。

 

<腹腔鏡下胆のう摘出術>
内視鏡を挿入して、胆のうを摘出する方法です。
お腹に小さな穴を4カ所ほど開けて、内視鏡を差し込み胆のうを摘出。手術の傷跡も小さいので早期退院が可能です。

 

▶胆嚢結石症の予防法

 

<脂肪分・コレステロールの多い食事をとらない>
脂肪分・コレステロールの多い食事は胆石の元です。
肉類を控えて、野菜や魚中心の食事をとるようにしましょう。

 

<ビタミンを多く接種する>
ビタミンには結石を予防する作用があります。

 

<適度な運動を心がける>
肥満はコレステロール代謝を悪くし、胆石のできやすい体質を作ります。

 

▶胆嚢結石症の放置は危険です

 

胆嚢結石症を放置しておくと胆のう炎を起こしたり、膵炎を起こしたりとさまざまな弊害が発生します。

 

稀ですが、胆嚢結石症から胆のうがんになる場合もあるのです。

 

そこまで痛くないからと放置しておくと大変なことになりかねませんので、ちょっとでも違和感を感じたら早めに病院にいきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/06-376095.php])

著者: 健康第一さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

  「胆のうと胆管」は、名前を知ってはいてもその機能については、あやふやな方が...

症状がなくても全摘出?胆のうを全摘出しても影響は少ない?日本人に多い胆石について

   健康診断などでコレステロール値が気になっている人は多いと思います。このコ...


胆石症・胆管結石におすすめの食事

  体内にできる石を結石といいます。 その中でも、脂肪を分解する手助けを...

胆石・胆嚢ポリープは『リンゴ酸』で溶解し、『オリーブオイル』で流すことが出来る?

脂っぽい食事を頻繁に食べていたり、逆に極端に食事を抜くなどで胆嚢に胆汁が滞留し...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る