カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 大人 >
  5. 知ってほしい!ペットから感染?レプトスピラ症はワクチンで予防

健康診断・健康管理

知ってほしい!ペットから感染?レプトスピラ症はワクチンで予防

感染症

 

レプトスピラ症は哺乳類から哺乳類へうつる人獣共通感染症。
感染経路は感染した動物の尿などに汚染された土壌、そして、水などです。

 

▶レプトスピラ症ってどんな病気?

 

レプトスピラ症の症状は悪寒・発熱・頭痛・倦怠感・眼球充血・筋肉痛など。初期症状は風邪によく似ているといわれています。軽度の場合はすぐに良くなる感染症ですが、重度の場合・黄疸・出血・肝臓障害・腎臓障害などを発症し、全身出血などを引き起こすこともあります。

 

この重度型に感染した場合の死亡率は5〜50%。きちんとした初期治療を受けられない場合や元々の免疫力が極端に低下している場合は重症化しやすいので注意が必要です。

 

▶日本では感染の心配はない?

 

1970年以前では日本でも年間50名程度の志望者が報告されていましたが、現在では減少の一途を辿っています。これはひとえに、国をあげての衛生管理が十分に行なわれている賜物でしょう。

 

ただし、ペットが原因で発症するというケースは少なからず報告されています。その原因は、外国から輸入されてきたペットにレプトスピラ症菌が入り込んでいる場合。ペットを介してレプトスピラ症が持ち込まれていると言うワケですね。

 

ペットを外国から輸入する場合は、このレプトスピラ症に感染していないかどうかを診断する必要があるでしょう。

 

▶レプトスピラ症を予防ワクチン

 

レプトスピラ症を予防するためにはワイル病秋疫混合ワクチンの接種が一般的です。

 

家畜生産を生業としている方やレプトスピラ症の流行地である中南米・東南アジアなどの熱帯・亜熱帯へ行く予定のある方は前もって接種しておいた方がいいかもしれません。

 

特にタイでは毎年数千人規模での流行が確認されているので、ワクチン接種は旅行準備のひとつととらえていてもいいと思います。

 

また、ペットからの感染はそのペットがレプトスピラ症に感染してるのかどうかの証明書を発行することができますので、この証明書の発行を怠らなければ心配する必要はないと考えられます。

 

(Photo by [//pixabay.com/ja/%E7%89%9B-%E8%8D%89-%E7%89%A7%E8%8D%89%E5%9C%B0-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E7%BE%A4%E3%82%8C-73371/])

著者: 健康第一さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

大人に関する記事

風疹の予防接種に副作用はあるの?

  風疹の感染を防ぐためのワクチン。病気を防ぐための行うものですが、そのせ...

注射や採血による腕の内出血…症状の特徴と注意点とは?

注射や採血などの医療行為により、腕に内出血を生じることがあります。注射後の内出...


採血の後は揉まずに押さえることが大切?

  健康診断で採血したあと、びっくりするほど内出血したことはありませんか?...

冬に毎年流行するインフルエンザ…そのワクチンは効果があるの?ホントとウソについて

    毎年冬が近づくと、インフルエンザが流行することが多いですよね。毎年、イ...

カラダノートひろば

大人の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る