カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 聴神経腫瘍 >
  5. 聴神経腫瘍を手術で取った場合の後遺症

気になる病気・症状

聴神経腫瘍を手術で取った場合の後遺症

医療用の器具

聴神経腫瘍は手術で除去するのが一般的ですが、その場合後遺症が残ることもあります。

 

顔面神経麻痺が出る

聴神経と平行して顔面神経が走っているため、手術をするときに刺激が与えられ、顔面に麻痺が残る場合があります。とても精密な作業が必要なため、聴神経腫瘍の手術の難易度は高いです。また顔面神経はとても弱い神経で、たとえ手術でまったく触っていなくても麻痺が出ることがあります。

 

顔面麻痺は術後2、3日はたいていの人に症状が出ます。しかし、ほとんどの場合はその後麻痺はなくなります。麻痺が残ってしまった場合は、普段動かすようにすれば麻痺が徐々に軽くなり、半年もすればほぼ元通りに動くようになります。

 

聴力の温存ができな場合がある

聴神経腫瘍の程度により、聴神経の能力を温存することが難しい場合があります。その場合、聴力はなくなります。聴力がある程度残り、腫瘍もそれほど大きくない場合、聴力を温存しながら手術することが可能です。

 

手術後に耳鳴りも一緒になくなればよいのですが、耳鳴りは残る場合が多いようです。

 

めまい・吐き気

術後数日は、回転性のめまいが発生します。まともに歩けない場合があるので、数日間は安静が必要になります。退院後は出なくなる場合もありますが、ずっと続く場合もあります。

 

腫瘍の大きさや癒着の程度などにもよりますが、手術以外にもガンマナイフという放射線治療があります。腫瘍が小さい場合に適用されますが、手術より後遺症が少ないために、最近は手術よりもよく用いられる傾向があります。

photo by://www.ashinari.com/

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

聴神経腫瘍に関する記事

聴神経腫瘍とはどんな病気?

  聴神経とは耳と脳をつないでいる神経で、主に音を聞き取る神経です。そこに...

程度によって治療法が違います。聴神経腫瘍

  聴神経腫瘍とは、聴神経のまわりを鞘(さや)のように囲んでいる細胞から発...


聴神経腫瘍の手術適応でないケースを知ろう!では手術適応になるケースとは?

聴神経に腫瘍が出来る聴神経腫瘍の治療方法は手術、放射線療法、経過観察の3つに分...

高額医療養費制度が使えます!聴神経腫瘍の手術費用

聴神経腫瘍の手術には、約100万円前後の手術代と入院代が必要になります。医療機...

カラダノートひろば

聴神経腫瘍の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る