カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 治療・薬 >
  5. トリプタンの投与方法による違い。

頭痛

トリプタンの投与方法による違い。

 

 

日本で群発頭痛治療の為に保険が適用される薬の代表的なものの一つとして、スマトリプタンの注射薬と自己注射薬の二種類があります。

では、スマトリプタンの投与方法の違いはどのような効果の違いがあるのでしょうか?

 

二つの投与法

○注射薬

病院で医師に実施してもらう薬です。群発頭痛発作はいつ起きるかが分かりにくく、また分かったとしてもすぐに病院に行けるとは限りません。

保険適用ではあるのですが、頭痛発作のタイミングで来院される患者さんが少ないので、実施することが難しい薬です。

 

○自己注射薬

群発頭痛発作にの始まりと同時にスマトリプタンを接種するのが望ましいので、最もポピュラーな方法です。

痛みの軽減を体感できると言う患者さんがいるほどに、その効果は非常に優れています。

 

※自己注射のデメリット

太ももに注射器を押しつけて注射するために、公共の場など人がいる環境では抵抗があると言う方が多いようです。

 

注意点

毎日注射する場合、特に一日に何度も注射をするような頻繁に頭痛発作が起きるような患者では薬に慣れてしまい、効果が表れにくくなる事もあるようです。

様々な予防法と組み合わせることによってスマトリプタンの注射回数を減らすのが良いとされています。

 

まとめ

頭痛発作の頻度によっては自己注射だけでの対処で頭痛発作の起こる群発期を乗り切れる患者さんもいてます。

自身の症状に合わせて薬剤をどのように選ぶかを医師に相談してみましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/31-348684.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

治療薬でも治まらなかった、長年の頭痛が消える?!驚くべき『マグネシウム』の有効性

片頭痛の起こる原因には、いくつかの仮説がありますが、近年最も有力視されている...

うつ病防止から片頭痛も解消!有酸素運動のススメ~脳内のセロトニンが増えるといいことがおこる!?

運動は頭痛の誘因となることがあるので、片頭痛もちの方で避けている人もいるのでは...


片頭痛の新しい治療法!?自己注射療法とは

  片頭痛の治療法と言えば、最近ではトリプタン製剤が注目を浴びることが多いです...

片頭痛の自己注射療法の副作用にはどんなものがあるの?

  薬を飲むときには副作用を知っておかなければなりません。薬の本来の作用の他に...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る