カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

自然気胸は子宮内膜症が原因!?

女性

 

自然気胸は、特に胸部に特に強い衝撃がない場合でも、肺に穴が開いてしまい空気が胸の中にもれてしまう病気です。

 

症状としては、呼吸困難や胸痛などが起こります

重篤の場合ですと、心臓が圧迫されて不整脈が発生したり、呼吸困難によりチアノーゼが発生するなどします。

そういった場合は緊急の処置が必要になりますのでただちに病院に受診してください。

 

自然気胸は若い男性に多い病気ですが、女性でも自然気胸が発症する場合があります

その場合、月経周期にあわせて発症することが多いです。

 

子宮内膜症に罹患している場合が多い

 

自然気胸を発症する女性は、たいてい生理周期にあわせて症状が出ます。生理が開始すると、肺や横隔膜に穴が開いて呼吸困難や胸痛などが起こります。

そういった症状がある場合、その女性は子宮内膜症に罹患している場合が多く見られます

子宮内膜が肺、横隔膜に転移、増殖した結果、月経時に肺や横隔膜の組織が剥落し、穴が開きます

 

子宮内膜症の治療が自然気胸の治療となります

 

自然気胸の治療は、子宮内膜症の治療を行うことになります。ホルモン療法の場合、低用量ピルなどで月経を軽くする治療方法になります。

外科治療の場合は、肺や横隔膜の子宮内膜組織を除去する治療法になります。

 

診察を受けに行くときは月経開始時にする

 

月経開始後72時間程度で発症がみられます

したがって生理開始から3日目から5日目に受診をする必要があります

それ以外の期間ですと、症状が治まって気胸が自然治癒してしまい、診断がつけられないことがあります。

 

 

子宮内膜症に伴う自然気胸は2回に1回起こるなど、毎回起こるわけではありません。生理のタイミングにあわせて病院を受診するのは大変なこともありますが、正しく診断をしてもらうために症状が出ているときに受診することは大事なことです。

 

自然気胸の症状がある場合は、なるべく生理開始から一週間以内に受診するようにしましょう。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2013/02/07-376132.php?category=265

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮内膜症に関する記事

子宮内膜症が原因で起こるチョコレート嚢胞とは?

  あまりにも生理痛が酷い、チョコレート色のドロっとした経血が出る…それは子宮...

子宮内膜症チェック

■主な症状は月経痛子宮内膜症の主な症状は月経痛です。進行するほど症状は重くなりま...


妊娠能力の温存可能に!『子宮腺筋症』の最先端治療法とは?

『子宮腺筋症』とは、子宮壁の内側にある粘膜組織(子宮内膜)が子宮壁の大部分を構...

カラダノートひろば

子宮内膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る