カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ものもらい >
  5. 子どもがものもらいになったら?

気になる病気・症状

子どもがものもらいになったら?

ものもらいはどの年代でもかかってしまう病気です。気がついたら大切な子どもの可愛い顔にものもらいが・・・。

 

そうなってしまった場合のケアをご紹介します。

 

子どもがものもらいになる原因は?

①    大人と比べて抵抗力ついていない。

②    お遊戯や遊びの中で汚れた手で目を拭く。

③    学校のプールなどで感染。

 

子どもがものもらいになっってしまったら?

①眼科に早めにかかる 

ものもらいになるとまぶたが赤く腫れ、かゆみや痛みといった違和感から子供が汚れた手で眼をこすることで眼の傷を増やし、ものもらいが悪化することもあります。

 

ものもらいが悪化することで、膿が溜まって大きく腫れあがります。重症化すると切開して膿を出さなければならなくなるので早めの受診が必要です。気づいたら出来るだけ早く眼科にかかりましょう。

 

さらに、ものもらいだと思っていたら結膜炎だったりすることもあるので自己判断はやめましょう。

 

②眼をこするのを注意して、親が見守る

ある程度の年齢になれば、ものもらいには触れてはいけないということを理解できますが、小さいうちは説明しても守ることがなかなか難しいです。

 

普段から外に出て遊んでいる子どもであれば、無意識に汚れた手で眼をこすり、ものもらいの原因である黄色ブドウ球菌といった雑菌が入ってしまうこともあるでしょう。 

 

目に雑菌が入ってしまうと、ものもらいの悪化や他の疾患を引き起こしてしまうことがあります。

 

手にはたくさんの菌がついているので、家に帰ったらまず石鹸で手洗いをさせるように親が注意して見守る必要があります。

 

③    環境を整える

睡眠不足はものもらいになりやすくなります。そのため、子どもの食事や子どもが早く眠ることができるように環境を整えてあげることがよいでしょう。

 

④    ビタミンAの多い食事を食べさせる 

栄養バランスも崩れるとものもらいになりやすくなります。ビタミンAには目の粘膜を正常に保つ働きと、免疫力を高めて感染に対する抵抗力を強める働きがあります。

 

食事はバランスよく食べるのが基本ですが、レバー、ウナギ、鶏肉、ほうれん草、小松菜、人参、南瓜といったビタミンAが多く含まれる食事が効果的です。

 

抵抗力の弱い子どものものもらいは、親が注意して予防や治療をする必要性があります。そのためには親がものもらいの知識をきちんとつけた上で、くれぐれも自己判断をせず、早めに眼科にかかりましょう。

(Photo by //www.gatag.net/)

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ものもらいに関する記事

はやり目はプールでもうつってしまう感染性の高い病気

         はやり目はウイルス性の感染症で、とにかく感染力が強いことが特徴...

まぶたが腫れている!これって「ものもらい」?

  全国的に様々な呼び方がある「ものもらい」。主に目が痒い、まぶたが腫れる...


ものもらいには眼帯は必要なの?

ものもらいになるとまぶたや周囲の皮膚にポツポツができたり、赤く腫れたりしてどう...

保育園などでうつりやすい流行目~流行性出血性結膜炎~

         流行目はウイルス性の感染症で、とにかく感染力が強いことが特...

カラダノートひろば

ものもらいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る