カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 摂食障害で胃腸が弱ったら・・ 摂食障害からの回復やそのきっかけなど

メンタル

摂食障害で胃腸が弱ったら・・ 摂食障害からの回復やそのきっかけなど

 

非常にやせているにもかかわらず本人は太っていると思い込み、極端に食事を減らしてしまう拒食症と、短時間で大量に食べ、そのあと罪悪感や恐怖感を覚え、嘔吐や絶食を繰り返す過食症のどちらも長く続くと、胃腸に問題を起こすことがあります。

 

症状

やせると、内臓を支えている胃腸壁の筋肉が衰えて垂れ下がり、胃腸のぜん動運動が弱くなります。胃腸の調子が悪くなれば食べられなくなり、さらに、下記のような症状を引き起こします。

 

例えば、

1,胃もたれや胸焼けを起こします。

2,空腹時や食後に胃痛を感じます。

3,脂っこいものやたくさんの量を食べれなくなります。

4,胃下垂になります。

5,胃炎・食道炎・大腸炎を起こします。

6,便秘・下腹部膨満感に悩まされます。

などの症状です。

 

対策

1, お腹の不調は内部の冷えからくる原因があります。免疫力を上げるために、体を温めて自然治癒力を促します。

 

2, 白砂糖入りの甘い物や生野菜など体を冷やす冷性食品を控え、和食中心の根菜類、温野菜、色の濃い食品などの食事を実践して、ビタミン、ミネラルなどを摂るようにします。

 

3, 生姜、玄米コーヒー、ココア、三年番茶は、体を温める効果が高い食品です。

 

4, 股間節ストレッチ体操をして下腹部の血行を良くします。

 

5, 厚目の下着を着たり、カイロを貼ったり、腹巻などして外から温めると、胃腸に有効です。

 

美肌を作り気力を上げるレシピ

■カレイのあんかけ

【4人分材料】

カレイ  …4切れ

にんじん …1本

しいたけ …4個

小麦粉  …少々

油    …適宜

だし汁  …1カップ

片栗粉  …小さじ2

しょうゆ・酒 …各大さじ1

 

【つくり方】

① カレイは、塩、こしょうと小麦粉少々をふり、から揚げしておきます。

② にんじん、しいたけの細切りとだし汁、調味料を合わせてひと煮します。

  水溶き片栗粉でとろみをつけます。

①に②をかけて、出来上がりです。

 

☆カレイは高淡白、低脂肪で、ビタンミンB1、B2が含まれていて、滋養があり旨みも多く、食が細くて痩せている人が常食とすると元気がでてきます。

☆揚げるとカレイの泥臭さがとれて、美味しく食べれます。

 

治療

胃腸薬を飲んで、胃の不快をとり、胃腸への負担の少ない食事を摂りましょう。重い時には入院して点滴治療を受けることをおすすめします。

 

病気そのものが治ってくればひどい症状は消えていきますが、過食の場合は胃腸障害の後遺症が残ることもありますので、普段から体が冷えない様な食事や生活を送るように注意することが必要です。

 

拒食症が治るとき

■「拒食」が治るときの怖さ

「過食」が治ることは、そのまま自己満足感につながっていくことが多いのですが、「拒食」の場合はそうもいきません。

何しろ、体重が増えるという恐怖に直面しなければならないからです。

 

拒食症、特に過食をともなわない拒食症の人は、かなり明確にこの時期を通ります。

精神的に安心してくると、それまでは「拒食」へのしがみつきによってあまり感じることのなかった健康な食欲が再び感じられるようになってくるのです。

とても食べたくなり、本人にとってはかなり多い量(「過食」の量とは比べ物になりませんが)を食べるようになります。

これは、多くの患者さんをパニックに陥れます。

 

■この先の不安

そこでの怖さは、「体重が増えてしまう」ということだけでなく、「この先どうなるのだろう」というところに本質があるように思います。

 

回復期の人は、基本的には病気を治す必要性もわかり、本質的なレベルでは病気を治すことに同意しています。

その際に、例えば

「これから体重が増えますよ。月に1キロずつ増えていって、10ヶ月で止まります」

と明確にされていれば、それほどの恐怖はないでしょう。

もちろん10キロ増える体重を受け入れなければならないという恐怖は残りますが、見通しが立つということは、不安を大きく滅じるからです。

 

しかし、実際の回復期には、見通しが決まっているわけではありません。

1キロずつ増やそうとコントロールしようとしても、この時期には飢えへの反応としての過食が起こっているわけですから、その分量を正確にコントロールすることなどできません。

 

また、食べている最中には「このままどんどん体重が増えていって、ブクブクに太っても止まらないのではないか」という恐怖にさらされ続けます。

 

■体重増加は止まる

実際には、体重増加は止まります。

体重が増加する勢いが弱い人は、ゆっくりと亀のような歩みで標準体重圏に入っていき、自然に収束していきます。

 

一方、体重増加の勢いが強い人は、いったん体重が少し多めになってから、日常生活の中で本来の体重まで下がってきます。

 

後者の方が本人の恐怖感は強くなりますが、全体を早く終えることができ、早く健康な生活に戻ることができます。

これは、中高生など若い患者さんに比較的多く見られるパターンです。

 

■「恐怖を感じざるを得ない回復期」を乗り越える

いずれにしても、「拒食」が治るときは、「恐怖を感じざるを得ない回復期」を通る必要があります。

その経験はだれも代わってあげられないのでお気の毒なのですが、少なくとも

(1)そういう時期があるということをあらかじめ知っておき、自分に何が起こっているかを把握しておく

(2)回復期は、健康に向かう変化であり、終わりがあるということを知っておく

(3)この時期の不安は当然のこととして、周囲にサポートしてもらう

という点を押さえておくことで、いたずらに不安が不安を呼ぶ構造を防ぐことができます。

 

摂食障害の入院治療と受診の基準について

精神的な障害で食欲に異常をきたすことを摂食障害といいます。

 

拒食症では、摂取エネルギーが減少して、低栄養になり、体重が減少します。

その状態が長く続くと基礎代謝が下がって、低体温や低血圧になり、重症化すると低血糖や骨粗しょう症にもつながります。

 

家族の対応

栄養不足がひどく、生命にかかわる場合は、入院して、栄養補給を中心とした治療が必要となります。

 

入院の基準

1,標準体重が60%以下に減少した。

2,1ヶ月で5キログラム減少があり、消耗が激しい。

3,全身衰弱して、椅子から立ち上がれない状態です。

4,検査結果が異常で、合併症が進行しています。

 

受診の基準

1,全身が脱力して、物がちゃんと握れない状態です。

2,低血糖、低カリウムで意識が朦朧としています。

3,嘔吐する場合、時間と量が増えて、下痢や高熱も併発しています。

4,血を吐き、胸の痛みを訴えています。

5,全身の筋肉が痛み、体が動かせなくて、歩くのも辛い状態です。

 

上記以外でも、抑うつ感情が強くて自殺行動がある場合などは、精神科の受診がすすめられる場合もあります。

 

患者の症状を見て、家族がどうするか早く判断してあげましょう。

 

摂食障害はどんなふうに治るか

■弱点の捉え方

摂食障害は治る病気です。

しかし、

「体型や体重を気にせずに何でも食べられるようになりますか?」

「二度と過食をしないですみますか?」

という質問には「はい」とは言えないのがこの病気の特徴です。

 

なぜかというと、体型や体重へのこだわりや過食は、その人の弱点ともいえるからです。

どんな人にも弱点はあって、ストレス状況下ではそこに症状が出てきます。

弱点をなくすこと(人間であるかぎりそんなことはできませんが)が「治る」ということなのではなく、弱点を自分の健康の指標として活用していけるようになることが「治る」ということなのです。

 

■過食を「問題」ではなく「問題の指標」に

例えば、ある時期に、やせればすべて解決するような気持ちが強くなったとしたら、自分の心があまり健康な状態ではないと考えられます。

自分の生活のストレス(不安や、自分を嫌いになるようなこと)を見直し、それを解決できれば、その人は病気とはいいません。

 

過食傾向が続くときには、今の自分の生活でなにが苦しいのだろうかということを良く考えて、そちらの問題そのものを解決できればよいのです。

この場合は、過食は「問題」ではなく、「問題の指標」ということになります。

過食があるから問題に気づけるのです。

 

■自分を責めてはいけない

「体型や体重を気にせず何でも食べられるようになりたい」

「二度と過食をしないようにしたい」

というところに治療のポイントを置いてしまうと、かえって症状にとらわれてしまい、たまたま1回だけあった過食(摂食障害でない人も、ストレス食いをすることはあります)のことで「治っていない」と自分を責めてしまい、病気がぶり返すきっかけをつくってしまうことにもなりかねません。

 

重要なのは、症状が再発したときに、自分を責めたり「ずっと治らないのではないか」と不安になったりすることではなく、病気の力を借りずに自分のストレスを直接解決していけるようになることです。

 

そのためにも、摂食障害が「治る」ということを、「症状がどこかの時点で再発するかもしれないけれども、そのことによって自分のストレスに気付き、解決できるようになること」と考えるのがもっとも役に立ちます。

 

もう無理、やめられない…そんな摂食障害とリストカットをやめられた人のきっかけと理由とは?

摂食障害とリストカット症状になってしまうと、もうやめられない気がするかもしれません。ここではそれらのある人がやめたきっかけ、理由を紹介します。

 

摂食障害とリストカットを克服するきっかけの声

・「私にこの生活は無理!」そう思って、とりあえずバレエをやめました。進学塾もやめ、自分のペースでできる勉強法に変えました。

 

受験校のランクもさげて、親がいろいろ言うのも「死にたくなるからやめて!」と阻止できるようになりました。行きたくない友達の誘いも、適当な理由で断れるようになって、苦手な子には嫌われていいからもうしゃべってません。

 

そしたらだんだん、リストカットまでしてる自分がかわいそうになって、リストカットしたくなっても、跡がふえて余計みじめになるだけだからやめようと思うようになってから、もうしなくなっていました。

 

過食嘔吐はできるだけ食べ物を周りに置かない、買ってこないようにして、食べるなら低カロリーのものを食べて、吐くことはほとんどなくなりました。

 

・リスカしてオーバードーズして入院したら、彼氏や友人が助けられなくてごめん、と泣いてくれて『もうこの人たちを心配させるのはよそう』と思ったのがリストカットをやめるきっかけになった。

 

カッターやナイフは親がいる部屋に置いたから、衝動的に切れなくもなったし。拒食もおかゆとか体に負担のないものから食べ始めて、カロリーがわからないと食べませんが、危険体重ではなくなった。

 

・カウンセリングの先生がお父さんに手紙をかいてくれて、過食してても何もいわなくなった。そしたら、心が楽になって、過食しない日も自分のペースで増やせるようになった。

 

それでもいらいらすると、過食してしまって、衝動的に手が切りたくなるけど、手首の代わりに段ボールや紙なんかをカッターで切るようにしたら、感触がちょっと似てて、切らないですんでる。

 

・両親がけんかすると、イライラして手首を切ってた。そのことを親に話したら、両親がけんかしなくなった。ちょっともめても、すぐにあやまったり…前みたいに、ずっと会話がないとかなくなって、私の為に、努力してくれていると思うと、手首をきらなくなった。

 

それでも学校とかでいらいらすると切りたい病がでるけど、その時は手首を噛んで、気をまぎらわしてる。

 

……過食はダイエットをはじめると、止まらなくなることがわかったので、食べないダイエットを絶対しないと決めた。痩せるなら運動で…と思って、AKBの子がやってるっていってたから、太りにくい身体になるように、ずっと筋トレしてる。

 

摂食障害の治り方

摂食障害の治り方は大変緩やかです。毎日だった過食が週に何回かになり、月に何回かになる、というように、徐々に減っていって、年に数回ぐらいにとどまることが多いです。完全になくなる人は少ないと思われます。

 

リストカットの治り方

リストカットは自分に自信がもてるように心が回復していれば、大切にしたいと思う、または大切にしたいと思ってくれる人のために、完全にやめることが多いです。

 

そういう人がいない方でも、自分しか自分を大切にできないと思ったり、いつか自分を大切にしてくれる人と出会うために、と思いリストカットをやめれるようになった例もあります。

 

考えと行動、どちらも悪循環から抜け出すことはとても大変です。自分が思うよりうまく抜け出せていない気がしても、あきらめないように、あせらずゆっくりを心がけていきましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

拒食症が及ぼす身体の異常に注意!

  拒食症は、自分で拒食をコントロールできないという点に病気と認めれたゆえんが...

周囲の対応が悪循環を生み出している?家族の接し方による悪影響とは 拒食や過食と向き合うために・・・

摂食障害の治療でまず注目する必要があるのは、摂食障害になることで、病気をつく...


拒食症治療は食事のリハビリ ~拒食症治療や薬物治療の有効性~

  かつてドイツで思春期やせ症といわれた拒食症も今や若い女性だけでなく、小学生...

栄養学的カウンセリングで拒食症を治す 心理療法やカウンセリングのすすめ

  拒食症と普通食を全然摂らない型の過食症の人は、ひどい栄養失調になり、様々な...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る