カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 過食症によく効く対人関係療法と予防法

メンタル

過食症によく効く対人関係療法と予防法

 

気晴らし食いから発展して、または拒食症から転じて過食症になった事実から、ストレスなく生きるために、新しい対処の仕方を身につけることができる対人関係療法を紹介します。

 

過食症の原因

もともとの自分を嫌う性格が禍して、他人との付き合いで、自分の気持ちを上手に人に伝え、そして人との妥協点を見出したり、問題点を解決して行くことが難しい人がいます。

 

 人とやりとりした結果、自分が我慢してばかりいることで自尊心が低下したり心に怒りをためてしまうことが多く人間関係のすれ違いによって食行動に問題を生じている場合があります。

 

治療法

1,過食症である場合、生理活動を損なうほど深刻な低栄養状態になることはまれなので、通常は入院はせず、外来通院によって心理療法薬物療法による治療を行います。

 

2,特に対人関係療法は、病気による症状と現在の対人関係にテーマを絞って治療を行うので、過食症には効果的といわれています。

 

3,現在のコミュニケーションの方法を反省し、改善しより良い対人関係を作ることによって、ストレスを減らし、結果として誤った大食いややせ志向にしがみつく気持ちも改善せていこうという治療です。

 

再発の防止法

1,真面目な性格なので、今まで迷惑をかけた分を取り戻さなくてはと思うかもしれませんが、予後は再発を防ぐために、余力を貯え、疲れを感じてきたら早めに休むという新しい習慣が必要です。

 

2,ウォーキング、ジョギングなど適度な運動をしながら、バランスの良い食事・規則正しい生活を送ることが大切です。

 

まとめ

生活に潤いを持たすために、ストレス解消の趣味を持つ、多くの人と接する機会を持ち、心の柔軟性を保つようにすることが、病気を防ぐ良い手段となり、心の病気になりやすい考え方からいつの間にか離れていけると考えられています。

 

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/04/05-377536.php?category=3)

 

 

 

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

拒食症が及ぼす身体の異常に注意!

  拒食症は、自分で拒食をコントロールできないという点に病気と認めれたゆえんが...

過食症の合併症 うつ病

  摂食障害になると、特に過食症状のある人は全般に抑うつ症状がありますが、うつ...


摂食障害だと気持ちを話すことが苦手・・・でも人に気持ちを伝えることが重要!不安な理由3つ

摂食障害の人は全般に自分の気持ちを話すことが苦手です。気持ちを話すことができな...

拒食症治療は食事のリハビリ

  かつてドイツで思春期やせ症といわれた拒食症も今や若い女性だけでなく、小学生...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る