カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 通院・治療 >
  5. 妊娠中、目薬を使用して大丈夫?ものもらいになったら⁈…目薬以外の注意したい薬

妊娠・出産

妊娠中、目薬を使用して大丈夫?ものもらいになったら⁈…目薬以外の注意したい薬

妊娠すると生活習慣や環境の変化が大きいですよね。そんなデリケートな時期に目薬が必要になってしまった場合、使用しても大丈夫でしょうか?

特に妊娠中はものものらいになりやすいといいます。

ものもらいになってしまったら、どうすればいいでしょうか。

また、妊婦さんが目薬以外でうっかり使用してしまう可能性がある薬も紹介します。 

 

目がかゆい…病院に行った方がいい?薬局で済ましても大丈夫?

次の選択肢を参考にしてみてください。

 

痒みともに充血がある。 

次の場合は眼科を受診して薬をもらいましょう。

・激しい痒み

・糸を引くような白っぽい大量の目やにを伴う。

・下まぶたをめくると真っ赤にはれている。

・水っぽい大量の目やにがある。

・のどの痛み、耳下リンパの腫れ、熱などをともなう。

 

次の場合は薬局の薬剤師に相談しましょう。

・軽い痒み

・目やにが少ない。

・下まぶたをめくっても赤くはれていない。

(該当薬:抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、抗炎症剤)

 

ものもらいができている。 

次の場合は眼科を受診して薬をもらいましょう。

・化膿、痛みがひどい

 

次の場合は薬局の薬剤師に相談しましょう。

・痛みを伴わない。

(該当薬:サルファ剤配合のもの等)

 

コンタクトレンズ装着時の不快感 

薬局、できればコンタクトレンズ専門店で相談しましょう。 

(処置:人口涙液、防腐剤フリーの使いきりタイプ目薬への切り替え) 

 

ものもらいは妊娠中にこそかかりやすい

妊娠中はものもらいにかかりやすい状態になります。

理由として、 

①つわりなどで体調がすぐれず、体の抵抗力が落ちるため。 

②ホルモンバランスが乱れからくる体調不良により、お化粧を適当に落としたり、洗顔もあまりしない。枕カバーやシーツを洗わないといった不衛生状態が続く。 

③つわりによる食の好みの変化で、食べるものが偏り、栄養バランスが崩れる。 

等といったことが挙げられます。

 

妊娠中にものもらいになったら?

目薬も薬なので、目薬を使用していいかどうかは、妊娠中であることを伝えた上で薬剤師や医師と相談する必要があります。

 

また、妊娠中のものもらいは妊娠糖尿病になる人が多いと言われており、注意が必要です。

 

ものもらいを治すためにはどうしたらいいの?

薬が使えないので、できれば自然に治るように生活習慣を整えましょう。睡眠をしっかりとる、ジャンクフードや甘いものは避ける、身の回りを清潔にするといったことを気を付けましょう。 

 

妊娠中の薬の使用

病院では医師から処方してもらわないとお薬が手に入りませんが、市販のお薬は自己判断で自由に購入が可能です。

今まで使用していたお薬であっても、妊娠中は必ず薬剤師さんやかかりつけの医師に相談してから使用するようにしましょう。  

 

意外と知られていない?目薬以外の危険な市販薬

・湿布薬

湿布は大丈夫!と思いがちですが、その名の通り、薬品が使用されています。

湿布薬は医師の指導のもとで使用し、お腹の近くに貼ることはやめましょう。

 

・ぬり薬

ぬり薬も薬品が使用されているので、注意が必要です。

妊娠中の肌はデリケートになっていますので、使用中に異常が出たらすぐに使用をやめましょう。

 

・サプリメント

妊娠中に過剰摂取してはいけない栄養素もありますので、使用後に異常が出たらすぐに使用をやめましょう。かかりつけの医師によく相談してください。

サプリメントであっても、必ず医師に伝えるか、問診票に記入するようにしましょう。 

(Photo by //www.gatag.net/)

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

通院・治療に関する記事

妊娠中のSSRI薬「パキシル」服用は、2.5倍胎児の先天性欠損症を高める?

比較的新しい抗うつ剤であるSSRIは、従来の三環系や四環系抗うつ剤に比べ、副...

赤ちゃんへの影響は?妊娠中の喘息の治療

喘息の持病がある人が妊娠した場合、症状をコントロールするための治療を継続して...

通院・治療の体験談

シロッカー手術(子宮頸管縫縮術)の流れや術後の経過

前回の出産で切迫早産からの早産になったので、今回の妊娠ではシロッカー(子宮頸管縫縮術)を勧められ、安...

感動があった妊娠23週目の検診。胎児の様子について

妊娠23週目の検診は、色々な発見があったり、感動があったり、今でもその時の感情を思い出すことが出来る...

カラダノートひろば

通院・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る