カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 人間ドック >
  5. 医療にまつわるおもしろ雑学「人間ドックはいつから始まった?」

健康診断・健康管理

医療にまつわるおもしろ雑学「人間ドックはいつから始まった?」

 

学校や職場などでの毎年の健康診断や、クリニックで受ける人間ドック。

いつごろからはじまったのでしょうか。

 

◆ そもそも人間ドックって?

人間ドックとは、痛みの有無、自覚症状の有無に関係なく、定期的に病院や診療所で身体の精密検査を受診する検査のことです。

普段気がつかない、気が付きにくい疾患や、臓器の異常があれば発見できます。

 

ちなみに「ドック」は、船を修理・点検する設備:船渠を意味する英語dockに由来します。

「dog:ドッグ」は間違いなのでご注意を。

 

◆ 人間ドックの歴史

日本における生活習慣病健診として、1953年、社団法人ライフ・エクステンション倶楽部(現・ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院)が初めて行いました。

当時は、成人病精密総合診断と呼んでいたとか。

 

次いで、1954年に国立東京第一病院(現・国立国際医療センター)が行った、短期入院を伴う人間ドックが行われました。

実施された7月12日は、現在は人間ドックの日となっています。

 

その後、聖路加国際病院、昭和医大病院、東京女子医大病院が相次いで開始しました。

民間病院として日本初の人間ドックを開始した聖路加国際病院は、なんと1週間コースのみの用意

現在も、1週間コースでじっくり検査することが可能です。

 

◆ 「人間ドック」という名称

1954年当初は、短期入院精密身体検査、という呼称でした。

これを報じた新聞が「人間ドック」という言葉を使用。

結果、この巧みな名称が人口に膾炙していったのです。

 

ちなみに、明治・大正期の陸軍軍人、大山巌が

 

人間も船と同じで時々ドックに入って検査しないといかん

 

と言っていたとか。

健康な生活を送るためにも、定期的にドックに入りたいものですね。

 

 

 

 [Photo by //www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_5803.html]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人間ドックに関する記事

意外とハマる?一流ホテルで人間ドックが受けられるって本当?

  学校や企業で毎年行われる健康診断。 ただ、それでは項目が者足りなかっ...

骨ドックを受ける前にチェックしてみよう

    最近、骨ドックを受ける方が増えています。骨粗しょう症による骨折が...


人間ドックは受けたら終わり、では意味がない0結果の生かし方0

  病気の早期発見や、病気にならないための指導をしてもらうために受けるとな...

骨ドックをご存じですか?

  皆さん、骨ドックという言葉を聞いたことがありますか? あまり聞きなれ...

カラダノートひろば

人間ドックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る