カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 症状 >
  5. その他 >
  6. 自らの身体を傷つける「自傷行為」の種類

メンタル

自らの身体を傷つける「自傷行為」の種類

自らの身体を傷つける、自傷行為。タブーと考えられがちであるため、表立って取り上げられることは少ないのではないでしょうか。

 

○ 自傷行為

自傷行為を行う際、原因としては具体的に不明なことが多くあります。つらい感情がある、死にたいと思う、悲しみや怒りを覚える、孤独や劣等感…。様々な感情が渦巻き、衝動を抑えきれず、自傷に至るといいます。

 

死に至るための自殺とは異なり、「自己の再確認」や「ストレス解消」といった願望が現れる行為ともいいますが、事象を行っている本人には、明確な理由が形になっていないことがほとんどです。

 

○ 自傷行為の様々な種類

◆ 表面的な自傷

日本では、最も一般的といわれるリストカットを含め、表面的な部分を傷つけるものです。刃物や、爪や釘、針などで両腕や胸を傷つけたり、皮膚をはぐ、眉毛・まつげ・髪の毛を抜くなどが含まれます。

 

境界性パーソナリティ障害、統合失調症、解離性同一性障害などを背景とする場合もあります。他者やものへぶつける怒りや不満を、自分の身体に向けることでストレス解消をしようとすることがほとんどです。

 

◆ 壁などに体を打ち付ける

壁に頭を打ち付けたり、目などの顔面を圧迫させる、かみついたりするものです。発達障害の一種、自閉症の中にも「自傷」と呼ばれる行動障害があり、自分の手を噛む、頭を打ち付ける、自分の顔をたたくなどの行動を起こすことがあります。

 

◆ 極端な重症例

自分を極端な方法で傷つけ、元の身体には回復できないほどになるタイプです。性的虐待、肉体的虐待を過度に受けたり、放置されたりといった子ども時代を送った人に見られることがあるそうです。

 

 

自傷行為は、自傷をやめなさいといってやむものではありません。複合的な要素、心の病気などが絡み合う、複雑なもの。

 

信頼できる医師・カウンセラーと向き合うことで、抑えていきましょう。

 [Photo by //www.irasutoya.com/]

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

薬の用法・用量に注意!セロトニン症候群の原因となる薬

  セロトニン症候群の原因は、服薬です。どんな薬がセロトニン症候群の原因に...

自らの身体を傷つける自傷行為の原因

自らの身体を傷つける、自傷行為。 死に至るための自殺とは異なり、「自己の再確認...


全く違う?自傷行為と自殺企図の違い

自傷行為―自らの身体を傷つけること。 自傷の経験者は中学生で男子が8.3%、女子...

更年期?それとも空の巣症候群?体調悪く落ち込みがち…

  更年期障害とは、閉経を挟んだ前後4~5年くらい、つまり40代~50代の女性...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る