カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 接し方 >
  5. 家族への接し方 >
  6. 自傷行為者と家族とのかかわり

メンタル

自傷行為者と家族とのかかわり

100%ではないですが、自傷行為を行う人の家族には、何らかの問題があると言われています。

うちは虐待なんかしていないわよ!と頭ごなしに否定し、自傷者を追い詰めるのではなく、サポートするためにも、一度振り返ってみることも必要です。

 

○ 自傷行為

自傷行為を行う際、原因としては具体的に不明なことが多くあります。

つらい感情がある、死にたいと思う、悲しみや怒りを覚える、孤独や劣等感……。

様々な感情が渦巻き、衝動を抑えきれず、自傷に至るといいます。

 

○ 自傷者の家族との関連性

もちろん、家族構造だけが原因となるわけではありません。

ただし、多くの場合で何らかの正の相関があることが確認されているのです。

 

◆ 両親の不和

両親の仲が極めて悪い場合、子供は虐待の犠牲者になることがあります。

自分に対する虐待が、家族を仲良くさせるためには必要なことであると認識し、その結果、自分の心に溜めこんで自傷行為に走る可能性があります。

 

◆ 両親の離婚

両親が離婚している場合、不和のときと同様、親がかつての配偶者に対する怒りを子供にぶつけることがあり、子供が虐待の犠牲者になることがあります。

ただ、親を失いたくない子供は虐待が普通のことだと思いこみ、その結果として自分を痛めつけることを当然と思ってしまう可能性があります。

 

◆ 片方の親の死

片方の親を亡くした場合、唯一の親との関係が破壊されることが怖くなり、感情の表現を抑えることがあります。

結果、行き場のなくなった感情が、自傷行為につながる可能性があります。

 

◆ 両親の過剰な期待

親の過剰な期待(勉学、スポーツ、しつけも含む)があると、子供の価値観を否定し、何でも意に添わせようとなってしまうことがあります。結果、親の価値観に沿って行動することが増え、自分の存在感、自分らしさが薄くなります。

その自分の存在を確かめる手段として、自傷行為を選ぶ可能性があります。

 

◆ 親のストレス

親がストレスを抱えている場合、親が精神的に弱くなってしまい、子供に対する「親の立場」が弱くなってしまいます。

そうすると、子供は親に甘えられなくなり、自分の精神を安定させるため、自傷行為を選ぶことがあります。

  

家庭内のストレスは、子供に多大な影響を及ぼします。

うるさく言われてもうんざりするし、関係を断たれても寂しい……。どんな人でも身に覚えのある気持ちだとは思いますが、何事も過度になると影響は大きくなります。

 

見えなくて辛い精神的な痛みを、身体的痛みに転化する前に、救いの手を差し伸べられる余裕を持ちましょう。 

(Photo by //www.ashinari.com/

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族への接し方に関する記事

人の心の構造は意識・前意識・無意識?!フロイトがとらえた心とは?

   現代社会において、鬱病などの心の病気が問題となっています。心の問題を研究...

家族や友人が適応障害と診断されたら

  ストレスは、感じる原因や感じ方が、人によって様々です。 また、ストレ...


大切な人だから…自傷行為をやめさせたい

若者のうち、10人に1人が自傷経験があるという報告があります。思ったより、多い...

家族や周囲の人の理解とケア

  家族や友人、周囲の人々の協力も社会不安障害の改善には大切です。   と...

カラダノートひろば

家族への接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る