カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 美肌を目指す女子必見!初春に注意しておきたいお肌の悩み

美容・ダイエット

美肌を目指す女子必見!初春に注意しておきたいお肌の悩み

 

温かい太陽のぬくもりを感じられるようになる2月後半から3月。

風もどこかしら温かく感じられるようになり、お出かけしたくなりますよね。

 

そんな時期、お肌のトラブルを抱える人が少なくないのです。

 

◆アレルギー性接触皮膚炎

日本人の3割近くが患っていると言われる、花粉症

特にスギ花粉は天気予報でも毎日報じられるぐらい一般的なものですが、この時期、肌も敏感になりがちです。

 

スギやヒノキ、イネなどにアレルギー症状を現すと、体は敏感になり、ハウスダストやダニ、食品や空気中の物質など、様々なアレルゲンにも反応。

皮膚炎が起こることがありますアレルギー性接触皮膚炎)。

 

そして、他の時期は大丈夫だった、化粧品の成分にアレルギーが出ることも……。

敏感になった肌は、髪や手などの刺激でも、皮膚炎を起こすこともあるのです。

 

◆ 新陳代謝が活発に…

春になって問題となるのは、アレルギーだけではありません。

温かくなってくると、体の新陳代謝が活発になり、皮脂や汗の分泌が盛んになってきます。

 

これ自体は、季節変化に体が対応している正常な証拠なのですが、過剰量の皮脂や汗は、吹き出物やかぶれる原因となることも。

そして、お肌の大敵、紫外線の強さ・量も徐々に増えてくるのです。

 

◆ 春のお手入れ

では、どうすれば肌の状態を保てるのか。

そして、これからやってくる強い日差しに対抗するには、どうすればよいのか。

 

最も重要なことは、肌の最も外側、角質層を正常な状態に整えること、です。

 

肌の一番外側、角質層が整っていると、

・外からの刺激を防ぐ:バリア機能

・肌の乾燥を防ぐ

・新陳代謝をよくする

などなど、いいことずくめ。

 

クレンジング・洗顔で、古い角質や化粧・ほこりなどの汚れを落とし、しっかり保湿すること。

これが重要です。

 

もちろん、ごしごし洗顔をすると、逆に角質層を傷つけ、バリア機能が衰えてしまいますから、泡立てた泡で優しく包むように洗うこと。

保湿の際も、肌を強くたたいたり、こすったりせず、コットンで優しくなじませたり、手で肌を包むように浸透させるのもおすすめです。

 

夏の強い日差しに負けない肌を保つためにも、春のお手入れも頑張っていきましょう。

 

 

 

[Photo by //www.ashinari.com/2012/08/23-367787.php]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

「クマ」は遺伝する?!その場合は根本的な治療が必要

  「クマ」は睡眠不足や疲れのせいでできるもの、というのが一般的な「クマ」への...

春・夏・秋・冬の季節別!肌に起きやすいトラブルの症状について

  「年中肌のトラブルで悩んでしまう」という程、日本の四季は、季節によって...


ずっと消えない「クマ」の対処方法 原因から調べよう!

「クマ」が気になり始め、色々対処を行っても中々消えない、そう感じている方いら...

花粉が原因で起こる皮膚トラブルを防ぐために出来る事とは?

     花粉で弱った肌に、刺激を与えるから、化粧をしてはいけないと思ってい...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る