カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 症状 >
  5. 摂食障害と精神的問題

メンタル

摂食障害と精神的問題

 

摂食障害の患者さんは、完璧主義に物事に挑むので、どうしても物事の細かい部分にこだわりが生じます。

周りからみれば大変バカバカしいとも思える強迫症状に駆られた固執行動が目立ってくると、病院に受診する指標となります。

 

カロリー計算

栄養バランスを考えないで、カロリー計算でだけで栄養を評価します。

本人が満足しないと食事をしなくなります。

 

食事へのこだわり

他人=家族にカロリーの高いものを食べさせ、そのうえ自分は食事しないということで、自らの優位性を感じ、安心します。

食べ物に関係する職業、栄養士や料理士を志望することもあります。

 

下剤・利尿剤の乱用

患者さんは、下剤・利尿剤を使用しても、口に入れた物のほとんどの栄養が吸収されて、体内の水分を減らして電解質異常を起こすだけだと、頭で分かっていても止められません。

 

儀式

ある儀式をしなければ不安になるというものです

例えば、太らないおまじないをした後でなければ食事ができないといったことです。

正常な生活できなくなるほどエスカレートすれば、要注意です。

 

まとめ

摂食障害は症状が心身両面に現れる病気です。

病気特有の歪んだ思考によって、症状の現れ方も様々です。

 

そのため、個々に合わせて、精神療法薬物療法家族療法栄養療法身体療法を組み合わせて治療をすすめていくので、特に不安がることもありません。

 

上記のような精神的な面に見られる問題行動も、治療をすすめていくうちに、次第に消失していきます。

 

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/05/12-347516.php

 

 

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

摂食障害とリストカット症状に陥りやすいパーソナリティ障害

  パーソナリティ障害をご存知ですか?   わかりやすく説明すると、『...

嘔吐は自傷行為の一つ?死亡率の高い精神病、拒食症の嘔吐について

拒食症は死亡率の高い精神病としても知られています。死亡の原因はいろいろとありま...


~過食症対する家族療法~五段階の症状とポイント

  思春期に多い過食症。家族に頼って生きなければならない子供の治療は、家族でカ...

摂食障害、拒食症!嘔吐で減少するセロトニン・・・それに伴う悪循環とは?

拒食症の中でもダイエットがきっかけで拒食症を発症した人や、痩せたい願望が強い人...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る