カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 拒食症治療は食事のリハビリ

メンタル

拒食症治療は食事のリハビリ

 

かつてドイツで思春期やせ症といわれた拒食症も今や若い女性だけでなく、小学生や主婦、男性まで分布が広がっています。

 

拒食症による症状

拒食がもたらす飢餓は人体に様々な悪影響を及ぼします。

低栄養状態で引き起こされる症状として、過活動、感情のムラ、あせり、集中力の低下、睡眠障害、食物へのこだわり、ホルモン異常、抑うつなどがあります

 

低栄養状態

低栄養状態になった場合は、これらの症状に対処するため、すみやかな栄養補給を図る必要があります。

 

食事のリハビリテーション

食事を摂れない場合、胃腸を使った食事の摂取に慣れることが一番です。

もちろん、最初は低カロリー食から経口摂取してもらえるようにします。

 

栄養補給

1,経口栄養薬品・経口栄養食品

市販のものをいれると100種類以上あり、内容もカロリーだけでなく、必要な栄養成分も含まれていておすすめですが、患者さんは太ることを恐れるため、受け入れません。

 

2,点滴

一般的な方法ですが、絶食の場合は、全ての栄養素を摂るには、他の方法と併用になります。

 

3,経管栄養

非常手段として用いられ、鼻からチューブを差し込んで栄養物を直接注入します。

 

4,中心静脈栄養ーIVH

入院して行う方法で、鎖骨下静脈からカテーテルを入れて点滴する方法です。

絶食中でも、十分なカロリーが補給ができ、人間に必要な微量元素やビタミンなども摂れます。

 

まとめ

摂食障害の治療は、心身を正常な状態にゆっくりと治していきます。

来院時に身体的な問題があれば、まず栄養補給を行って、体力をつけてから、入院を検討します。

 

治療の前に、くれぐれも十分な話し合いを患者さんと治療の間で行い、信頼関係を結んでおかないと、液を捨てたり、チューブを自分で引き抜いてしまうことがあるので、注意しなければなりません。

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/23-010458.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

摂食障害で胃腸が弱ったら・・

  非常にやせているにもかかわらず本人は太っていると思い込み、極端に食事を減らし...

周囲の対応が悪循環を生み出している?治療で一番の障害に!?家族の接し方による悪影響

摂食障害の治療でまず注目する必要があるのは、摂食障害になることで、病気をつくり...


栄養学的カウンセリングで拒食症を治す

  拒食症と普通食を全然摂らない型の過食症の人は、ひどい栄養失調になり、様々な...

過食症によく効く薬

  過食でイライラやうつ状態には、カウンセリングだけでは限界があるので、精神安...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る