カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 栄養学的カウンセリングで拒食症を治す

メンタル

栄養学的カウンセリングで拒食症を治す

 

拒食症と普通食を全然摂らない型の過食症の人は、ひどい栄養失調になり、様々な病気を併発します。

そのため、心理学的カウンセリングとともに、栄養学的カウンセリングを行って、治療・予防をすすめていきます。

食べられる範囲でできるだけ栄養のバランスを摂ることを目的としています。

 

原因

カロリーを異常に重視して、栄養のバランスを無視し、ダイエット食品に信仰に近い信頼感を持っています。

テレビや雑誌から集めた情報で、太りそうな物、例えば、炭水化物・糖質・脂質などを食べてはいけないもの、そして、海藻こんにゃく野菜ヨーグルトなどダイエット食品を食べていい物とレッテルを貼り、常食としています。

 

治療方法

1,上記のような歪んだ食生活観を持った患者さんに、栄養士などが正しい知識を与えることを栄養学的カウンセリングといいます。

 

2,患者さんに少しでも抵抗感を感じさせないように食べられる物から始めていき、無理なくいろんな物を食べられるように指導していきます。

 

3,長い間の摂食障害によって、忘れてしまった正しい食生活の記憶を取り戻すために献立による規則正しい、バランスのとれた食生活を身につけることで、大きな治療効果を期待します。

 

4,患者さんの受容体重と目的期間に応じたエネルギー量を計算し、その体重以内に留まるカロリーと方法を教えて、正しい知識を習得させます。(40Kcal/kg体重)

 

5,宅配便レトルト食品高カロリー市販食品経腸栄養剤を適宜、利用していきます。

 

6,過食・おう吐・下剤の使用を少なくする様に工夫します。

 

7、改善が見られない場合は、入院治療や経静脈性高カロリー栄養法を使用します。

 

まとめ

家庭では、母親が患者さんの献立を作って食生活を管理し、患者に無理じいせずに、食べられる物を食べられる環境を整えてあげることも、大きな役割です。

 

栄養学的カウンセリングは、病院で受けられるだけでなく、自助グループのサイトで情報を提供しています。

 

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/06/14-022270.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

拒食の悪循環から抜け出そう

■「安心」を第一の目標に「拒食」は、不安の病であり、不安を和らげていくことがその...

過食症によく効く薬

  過食でイライラやうつ状態には、カウンセリングだけでは限界があるので、精神安...


「自分を責めないこと」から病気を治そう

■自分を責めるのは百害あって一利なし摂食障害の人は、「拒食」であれ「過食」であれ...

過食症治療中、行き詰まった時に考えよう!3つの落ち込み別、おすすめ質問

ストレスの減らし方も工夫してるし、薬だって飲んでるし、なのに過食してしまう。終...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る