カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 若い女性に急増中?摂食障害の治療法0心理療法のススメ0

メンタル

若い女性に急増中?摂食障害の治療法0心理療法のススメ0

摂食障害の治療は、現代の精神医学的見地から、主に心理療法を行います。

治療者は患者さんに、治ったらどうなりたいのか将来の夢を語ってもらうことで、思春期の若者の心性の理解につとめ、本人の生き方を肯定しながら、現実指導的なカウンセリングを提供しています。

 

認知療法

患者さんが持つ拡大解釈間違った認知は、怒りや悲しみを産み、抑うつ気分や不安感などが生じてきます。


「お菓子をつまみ食いをした→ダメな人間だ→家族に迷惑をかける」
といった物事の考え方を、心理カウンセラーと話し合いながら、健康的な考えへと改善して行く療法になります。

 

行動療法

認知療法で問題となる思考を見つけ、問題行動を健康的な行動に移し替えることで適切な考え方に改善していく療法です。

例えば、入院している場合なら、何キログラムになったら面会を許可する類のものです。

癖の改善や日頃の生活習慣など、心理カウンセラーと共に考え行動や思考を改善していきます。

 

認知行動療法

上記2つを組み合わせた療法で、欧米を中心に使われています。

行動療法で、食行動を改善して、認知療法で物事に対する考え方の歪みを改善していきます。

 

・ロールプレイ

まず役を決めて、簡単な演劇のようなものを行います。

自分を自分でなく、役を演じていると考えて、自分の問題点を理解します。

 

・ミラーテクニック

最初から決められた設定で、他人とのやり取りを鏡に向かって行います。

自分に向き合うことで、自己の問題点が明らかになります。

 

認知行動療法は、繰り返し行い、完治したかのようにみえても、再発防止のために継続的に行っていくことが必要です。

 

家族療法

家族も家庭内の問題点を考え、摂食障害がどんな病気なのかを理解して、患者さんをいかにサポートするかを学びます。

家族のありかたを振り返ることで、患者さんに対する対処の仕方が変わってくるので、患者さんの状態も安定します。

 

自己訓練法

自己催眠法で、体の各部位に集中しリラックスさせていく事で、ストレス緩和、抑うつや不安の軽減など、さまざまな効果があり、こころの病気を改善していくものです。

 

まとめ

摂食障害の患者さんは、治療に抵抗しながらも通院してくれるので、治療を進められ、歓迎すべきです

但し、通院前に過食をしたりすると予約の時間を守れないこともあるので、キャンセルの電話を入れるなど最低限のマナーを守る必要があります。

心理カウンセラーとは、良好な信頼関係を築く様に努力します。

 

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/07/17-365406.php)

 

 

 

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

まずは一つでもOK!地道に取り組もう~摂食障害やリストカット克服のためのアイデアあとめ

摂食障害もリストカットも、一人で思いつめる時間が多いほど、回数が増えます。増え...

拒食症を完治させるには?

  やせていることが美であるという風潮のなかで、極端なやせ願望から生まれた拒食...


摂食障害やリストカット治療中の家族の心得

  摂食障害やリストカットのために治療している家族に必要なことをまとめまし...

摂食障害で胃腸が弱ったら・・

  非常にやせているにもかかわらず本人は太っていると思い込み、極端に食事を減らし...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る