カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 適応障害 >
  4. 適応障害とはどんな病気?

メンタル

適応障害とはどんな病気?

 

大人はもちろん、子どもも様々なストレスにさらされている、現代社会。

適応障害になることも、珍しくなくなってきました。

 

○ 適応障害ってなぁに?

適応障害とは、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく、耐えがたく感じられ結果として行動や気持ちに抑うつ、不安などを伴うことです。

夜尿症、指しゃぶりなどの退行現象が起こることも。

 

アルコール依存や、万引き、嘘を言うなど、普段とはかけ離れた行動をとることもあります。

 

○ 適応障害の診断

あるストレスを感じてから、3か月以内(1か月という基準もあり)に、情緒・行動面で症状が発生すると、適応障害とみなされます。

ただ、PTSDやうつ病、統合失調症など他の病気を除外する必要があり、逆にこれらに合致する場合は、こちらが優先して診断されることになります。

 

ストレス障害などの抑うつ傾向が適応障害か否か、という診断は非常に難しいと言われており、適応障害と診断された5年後には、40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されているというデータもあります。

つまり、適応障害はより重篤な病気の前兆ともいえ、より早い段階でストレスを除き、もしくは緩和することが重要といえます。

 

○ 適応障害の治療方法

・ストレス因子を除く

まずは、何よりストレス因子を取り除く、回避することです。

 

・本人の適応能力を高める

ストレス因子がのぞきにくいもの(家族や辞められない仕事など)の場合は、本人のストレスの受け止め方(考え方、受け取り方)のパターンを見て、アプローチしていく認知行動療法といわれるカウンセリングを行います。

また、問題解決療法といわれる手法がとられることもあります。

 

どちらも、カウンセリング者との信頼関係と、患者が主体的に取り組む気持ちが重要です。

 

・薬物療法

不眠や抑うつ傾向への対症療法として、薬が用いられることもあります。

ただし、根本的な解決にはならないため、やはりカウンセリングやストレス因子の除去などが重要です。

 

 

適応障害に限らず、こころの病気は本人の意思と、姿勢も重要になってきます。

周りの人は、理解をし、支えていきましょう。

 

 

 [Photo by //www.ashinari.com/2012/11/19-373284.php?category=404]

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

適応障害に関する記事

若年層・成人における適応障害の症状 治療方法とは?

精神疾患の一つである適応障害は、日常にある様々なストレスを通じてかかるこころ...

適応障害の治療法~ストレスに対して適応しよう!

適応障害とは、社会環境の不適応によって引き起こされる病です。 主な症状とし...


適応障害の基礎知識 症状と治療法

  WHOではこの適応障害をこのように定めています。   「ストレス因...

適応障害の代表的な症状とは

  環境の変化などにうまく適応することができずに起こる適応障害。 新しい...

カラダノートひろば

適応障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る