カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 適応障害 >
  4. 適応障害の代表的な症状とは

メンタル

適応障害の代表的な症状とは

 

環境の変化などにうまく適応することができずに起こる適応障害。

新しい環境や、人の輪の中で苦労することはよくあること。

つまり、誰にでも起こり得る可能性があるのが、適応障害です。

 

○ 適応障害とは

適応障害とは、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく、耐えがたく感じられ、結果として行動や気持ちに抑うつ、不安などを伴うことです。

小児の場合は、夜尿症や指しゃぶりなどの退行現象が起こることも。

 

アルコール依存や、万引き、嘘を言うなど、普段とはかけ離れた行動をとることもあります。

 

実際に、どのような症状があらわれるのでしょうか。

下記に具体的に示します。

 

◆ 抑うつ

ストレスを受ける状況を離れた後、憂鬱な気分になる、脅迫観念にかられる、涙もろくなったり叫んだりする。

 

◆ 不安

不安感、心配などにかられる。ネガティブな思考が続く。

 

◆ 問題行動・行動の不自然さ

元来のその人ではありえないような、不自然な行動をとるようになる。

万引きする、約束・規則を破る、ありえないような嘘をつく、など。

アルコールやギャンブルに依存するなどもここに含まれます。

 

◆ 身体的愁訴

食欲がなくなる、吐き気、頭痛などの症状が続く。

(何らかの病気にかかっていないことが前提)

 

◆ 引きこもり

社会的に引きこもる。

 

これらの症状は、単体であったり、複合的に現れたりします。

適応障害への対応は、まずはストレス要因から引き離すことが一番です。

また、カウンセリングによって心の整理をしたり、薬が必要となることもあります。

 

信頼できる医師、カウンセラーと、そして何より周囲の人と対応していきましょう。

 

 [Photo by //www.fumira.jp/cut/medical/file134.htm]

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

適応障害に関する記事

こころの病の一つ、適応障害 ストレス過多にならないよう気をつけて!

適応障害とは 適応障害はこころの病の一つで、ストレスを原因とするこころの病、ス...

適応障害の治療法~ストレスに対して適応しよう!

適応障害とは、社会環境の不適応によって引き起こされる病です。 主な症状とし...


どうしたらいい?適応障害の人への接し方

適応障害とは、ある出来事や状況が引き金となり、精神面や行動面に症状が現れる病...

適応障害の基礎知識 症状と治療法

  WHOではこの適応障害をこのように定めています。   「ストレス因...

カラダノートひろば

適応障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る