カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. アルコール依存症 >
  5. 本人が認めない、アルコール依存症の怖さ

メンタル

本人が認めない、アルコール依存症の怖さ

ほどほどで切り上げるつもりが、やめられない。これが、アルコール依存症の一つの特徴です。

 

○ アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、アルコールに対して精神的・身体的な依存をしてしまっている状態です。

 

お酒を飲むべきでないときにも「飲みたい」と強く思うなど、強い飲酒欲求があり、飲み始めるとコントロールが利かなくなります。そして、アルコールが体内にある状態を「通常」と脳が判断し、アルコールがなくなると脈が速くなる、高血圧、手の震え、吐き気、イライラなどの離脱症状(禁断症状)が現れる状態です。

 

○ 認識の違い

アルコール依存症は、ただの大酒のみ。本人の意思や家族が止めればなんとかなるもの。そう思っている方は多いのではないのでしょうか。

 

実は、アルコール依存症の患者自身、自分が患者だとは思っていない事が多いと言います。「自分はアル中などではない、失礼な!」と拒絶することも多く『否認の病気』とも言われます。

 

アルコール依存症の患者にありがちな、考え方は以下のようなものです。

 

・ビールぐらいの軽いアルコールなら大丈夫だろう

・一杯ぐらいなら問題ないだろう

・意思さえしっかりしていれば、飲んでも問題ないだろう

・何年も断酒してきたのだから、飲んでも大丈夫だろう

・やめようと思えば、いつでもやめられるんだ

 

どれも、病気が進行する可能性をはらんでいます。

 

たかがお酒、と考えていても、アルコール依存症の患者はアルコールという「薬物依存」です。そのため、長期間の断酒をしていても、たった一杯、ひと口のアルコールで元の状態に戻ってしまいます。

 

 ○ どうすればいいの?

自分が依存症だと認めない人を、説得するのは大変難しい事です。病院やカウンセリングなどに連れて行っても、本人には自覚がないのですから難しいのです。他の依存症者を見て、「自分は大丈夫」と思って逆効果になることも。

 

そして本人だけではなく、周囲の人(特に家族)にも影響が及びます。「酒を飲まなければいい人なのに」と。「依存症」という「心の病」であることを認めることが、本人も家族もできないのです。それが、否認の病気、の怖いところです。

 

まず、自分が、家族が「依存症」という病気であることを認め、正確に病気について理解すること。これが、アルコール依存症の治療の、第一歩です。

 

周囲の人間がアルコール依存症を正しく理解していないと、患者の依存症をさらに悪化させる原因になるとも言われています。楽しく飲むお酒に隠された怖さを心にとめておきましょう。

 [Photo by //www.ashinari.com/]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アルコール依存症に関する記事

アルコール依存症家族の子供が、依存症者をパートナーに選ぶ原因

  私はアルコール依存症の父を家族にもって大人になり、次は買い物依存症の男...

夫をアルコール依存症から救えない妻度チェック

  結婚した当初は、まじめでおだやかだったご主人。しかし重なる仕事のストレ...


アルコール依存症者が、酒量をコントロールする薬があります。

  やめるやめると言いながらも、やめられないお酒。アルコール依存症者の身体...

アルコール依存症者の典型的症状…DV・虐待問題

  アルコール依存症者は、飲んで暴れたり、暴言を吐くことと切り離せません。...

カラダノートひろば

アルコール依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る