カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 治療法は血抜き!?骨髄増殖性疾患

ガン・悪性腫瘍

治療法は血抜き!?骨髄増殖性疾患

点滴

骨髄増殖性疾患とは、簡単に言うと血液が増えすぎてしまう病気です。血液の量を一定に保つ機能が働いていないために、血をどんどん作り出してしまいます。

 

骨髄増殖性疾患を患っているだけでは、がんではありません。症状も特に無いのですが、血液の量が多くつまりやすいので、血栓などを起こしやすくなります。

 

この病気の治療法としては、この疾患のため引き起こされる血栓による梗塞などの合併症を予防することが第一になります。

 

骨髄増殖性疾患の治療法 

基本的にはお薬を飲む

血液が固まりやすくなるとそれだけで血栓が生じやすくなるので、血液を固まりにくくするお薬を服用します。アスピリンというお薬なのですが、このお薬は血小板が凝集するのを抑制します。

 

瀉血(しゃけつ)

瀉血とは血を抜くことです。瀉血をして血液の量を減らします。赤血球の濃度を一定の濃度まで下げることが目的です。

 

濃度が濃くならないように、同時に水分摂取も行います。瀉血は輸血と同じ方法で血液を抜き取ります。輸血と違い、抜き取られた血液は破棄されます。

 

増えすぎたのなら抜けばいい。確かにそのとおりです。

 

上記で効果がない場合は抗がん剤

上記の二つの治療を行って効果が得られない場合は、化学療法といって、いわゆる抗がん剤治療を行います。

 

しかしがんに進行してしまうリスクもあり、副作用とのかねあいで治療していくことが多いです。治療費も高くなってしまいます。

  

瀉血療法といって、古くから血を抜き去る治療というのは民間療法でもあった療法のようです。現在、医学では血を抜き去って効果が出る病気は限られているという認識ですので、なんでもかんでも血を抜けば言い訳ではありません。

 

しかし骨髄増殖性疾患には効果のある治療法ですので、医師の指導のもと治療をすすめても大丈夫でしょう。

photo by://www.ashinari.com/

著者: tossyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

骨肉腫!悪性骨腫瘍の半数を占める骨肉腫癌と30種類以上ある軟部腫癌

転移がなければ半数以上が治る「骨肉腫」 骨肉腫は、悪性骨腫瘍のほぼ...

原発性中枢神経性リンパ腫ってどんな病気?

  この疾患は全身所見がない状態で脳や脊髄、眼球などに発生する悪性リンパ腫...


耳のがん「聴器がん」~中耳炎に似た症状の耳のがん「中耳がん」の症状と治療

がんは全身のあらゆる部位にできる可能性があるものですが、「耳のがん」というの...

日本人は胃から発症しやすい?悪性リンパ腫の症状や治療について

    ■悪性リンパ腫とは?   悪性リンパ腫は、リンパ系の組織から発生する腫...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る