カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 吃音の子どもとの付き合い方 どんな症状?治るの?子どもとの接し方は?

育児

吃音の子どもとの付き合い方 どんな症状?治るの?子どもとの接し方は?

吃音(きつおん)の生涯経験率(一生のうち吃音を経験する割合)は、5%程度といわれます。

かなり高い値ですよね。

 

そのうち、言葉を覚える段階の幼児がほとんどです。

 

吃音とは

言葉をしゃべろうとした時に、連続して発せられたり、瞬間、あるいは一時的に無音状態が続くなど、言葉を円滑に話すことができない病気です。

 

幼児の吃音

幼児のころの吃音は、言葉の発達に伴うものが多く、脳の発達と関係していることがあります。

このころは、自分の吃音を意識していないことが多く、治る可能性も高いです。

この場合、8割ぐらいの子供は自然に、もしくは軽い指導で良くなります。

 

吃音の定着

しかし、注意しなければならないのは、親や周囲の対応です。

小学校低学年ぐらいまでの子どもは、自分が吃音だとははっきり分かっていません。

 

子どもは自由に話をしているのですが、気にするのは周囲なのです。

 

・ゆっくり話しなさい

もう一度話しなさい

どもらないように

このように、叱るのはよくありません。

 

「どもる」ことに対しては触れず、何を言いたいのか、内容を聞いてあげます。

途中でとめたり、叱ることで妨害したりせずに、最後まで聞いてあげましょう。

 

また、こちらの返事はゆっくりと聞き取り易くしてあげることが重要です。

 

叱ったり、注意したりすると、子供は吃音を悪い事だと認識し、話すことを忌避します。

その結果、吃音が定着すると考えられています。

 

吃音を否定しない

叱ったりして無理に治したりしようとはしないことも重要ですが、吃音を治してから集団生活をさせよう、などという考えも間違っています。

吃音の子どもはもちろん、子ども全体に言えることですが、親や周囲の人の心理状態に、驚くほど敏感に反応します。

 

おおらかに、吃音を受け入れていれば、幼いころの吃音は目立たなくなったり、軽くなったりを繰り返して治っていきます。

 

 

吃音があっても堂々と生きていく逞しさこそ、吃音を治す最良の道

まずは、親が吃音について理解し、学びましょう。

 

 [Photo by http://www.ashinari.com/2011/11/20-353066.php?category=53]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成長の目安に関する記事

寝ている赤ちゃんが白目を剥く!これって大丈夫!?原因は?

すやすやと眠る赤ちゃんが白目をむくことはありませんか? 何か病気なのではな...

生後数ヶ月で急に増加する体重!乳児の体重増加は将来の肥満に関係なし!?

赤ちゃん特有のぷにぷにしたかわいい姿。手首のシワまで可愛く思えますね。でも、...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

成長の目安の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る