カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. カラダ >
  5. 夏が終わった後の美肌対策―疲れた肌を癒す

美容・ダイエット

夏が終わった後の美肌対策―疲れた肌を癒す

 

夏の美容といえば、どうしても美白に目がいきがちです。

 

もちろん日焼け止めや美肌化粧品を使うことは大切ですが、それだけでは美肌を守ることはできません。

秋になると一気に肌の乾燥が進み、口のまわりや頬がカサカサ…なんてことも。

 

 

これは外気の乾燥によるものだけでなく、夏の間に様々な悪い要因が積み重ねられていった結果なのです。

 

夏は汗を大量にかいたり、エアコンの風によって水分を奪われるので、秋や冬以上に肌が乾燥しています。

汗には体温調節機能があり、熱の放出を助ける働きをしています。

 

汗をかいて放っておくと角質がふやけ、汗の刺激で肌に炎症を起こしてしまいます。

 

 

代謝が早まり過ぎ、まだ角質化していない細胞が上へと上がっていき肌バリア機能が衰えてしまいます。

 

そのため汗などで肌の表面はしっとりしていても内部は乾燥状態になっています。

 

いわゆる隠れ乾燥肌・インナードライに落ち入ってしいます。

 

さらにはかゆみを引き起こし肌の炎症が悪化し、湿疹やかぶれ、あせもなど肌のトラブルの原因にもなってしまいます。

いくら美白しても、肌が乾燥していては美白成分が入っていってくれません。そこで大切なのが、保湿です。汗をかいている間は肌がうるおっているように勘違いしますが、秋になって汗がひくと、一気にカサカサにになるのです。

 

ダメージケアはその日のうちに

秋に後悔しないために、ダメージケアはその日のうちにすることが理想です。面倒だからと後回しにしていると、もっと時間や手間がかかります。

 

首やデコルテ、頭頂部などのうっかり焼けにも要注意です。

 

また、夏に頭皮の毛穴が皮脂汚れで詰まると、秋の抜け毛が多くなります。頭皮ケアも忘れずにしましょう。

 

隠れ乾燥肌・インナードライ対策

夏場の汗のかきっぱなしは肌にはよくありません。

 

汗にはいろいろな成分が含まれているので、それが刺激となって肌が炎症を起こしてしまいます。

 

一番効果的なのはシャワーなどで汗を洗い流すことになります。

 

タオルなどでこするように拭くと角質が傷付き肌荒れの原因になります。

 

特に外出時の対策としては、ウォータースプレーなどで水を多めにかけ汗を洗い流してからハンカチやタオルなどで軽くおさえて水気を取ることが大切です。

 

汗対策

夏でも保湿クリームなどを塗ると汗が直接肌につきにくくなります。

 

保湿クリームがバリア-の役割を果してくれます。

 

秋になっても美肌でいるためにしっかり対策しましょう!

 

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/08/16-006559.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2018-08-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る