カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 女性ホルモン >
  4. PMSを食生活から改善する!ホルモンバランスを整える食べ物とは

女性のカラダの悩み

PMSを食生活から改善する!ホルモンバランスを整える食べ物とは

img_5063f18b732e6.jpg

ここでは、ホルモンバランスを維持したり、乱れを改善することに有効に作用する栄養素や、摂取することにより体内でホルモンに似た働きをする成分についてと、それらの栄養成分を含んでいる食べ物などを紹介します。

 

ホルモンバランスを整える食べ物

大豆イソフラボン

大豆に含まれていることで有名な【イソフラボン】という成分はポリフェノールの一種で、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをすることから【植物性エストロゲン】とも呼ばれています。

 

イソフラボンにはこのような特徴があることから、女性ホルモンの減少による更年期障害の諸症状や生理不順の改善などに効果的であると考えられています。

イソフラボンは豆腐・納豆・豆乳・みそ・しょうゆなどの大豆食品全般に含まれています。

 

ビタミンB6

ビタミンB6には女性ホルモンの代謝に働きかけバランスを整える作用があることから、生理前のホルモンバランスの乱れから生じる【月経前症候群(PMS)】や【妊娠中のつわり】などの症状を緩和するとされています。

 

ビタミンB6を多く含む食べ物としては、マグロ・カツオといった魚や肉類のレバーなどが挙げられ、大豆製品、ナッツ類、にんにく、バナナなどにも比較的多く含まれています。

 

ビタミンE

ビタミンEにはホルモンの分泌器官である脳下垂体や卵巣などの細胞膜が酸化するのを防ぐ作用があり、この働きにより細胞膜が安定することでホルモンの分泌バランスが整えられることになります。

このような作用があることから、ビタミンEが不足することでホルモンバランスに乱れが生じて、月経不順を起こしやすくなったり、更年期に多くみられる諸症状が現れやすくなります。

 

ビタミンEを多く含む食べ物としては、植物油やアーモンドなどのナッツ類などが挙げられ、うなぎ、たらこ、カボチャなどにも比較的多く含まれています。

 

パントテン酸

パントテン酸という栄養素は、副腎皮質機能を活性化させて副腎皮質ホルモンの分泌を促進する作用があり、ニキビや吹き出物などの肌トラブルや、アレルギー性疾患の諸症状を緩和する効果があると考えられています。

また、副腎皮質ホルモンには抗ストレス作用があることから、ストレスから生じるイライラや憂鬱を抑える効果があります。

 

パントテン酸を多く含む食べ物としては、肉類のレバー、干し椎茸、ウナギなどが挙げられ、その他の食品では納豆、子持ちカレイ、落花生、アボカドなどにも比較的多く含まれています。

 

ホルモンバランスを整える食生活の基本となるのは、栄養バランスのよい食事を毎日規則正しくとることです。具体的には脂肪や糖質の摂り過ぎに注意すると同時に、良質なたんぱく質やビタミン・ミネラルなどといった栄養素を積極的に摂取することが大切です。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●おっぱいや乳首が痛い…PMSは胸のハリ以外にも人それぞれ

 

(Photo by://health.goo.ne.jp/

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

女性ホルモンに関する記事

女性が男性化しやすい年齢はいつ?

  女性が男性化する年齢は30代以降と言われています。男性化の特徴としては髭が...

黄体期後期が長引いたら妊娠かも!?症状やおりもの、基礎体温の変化について

生理前の時期に当たる黄体期はどれくらいの長さか知っていますか? 黄体期の後...


黄体ホルモンを補う!ホルモン剤投与治療

PMSの治療として行われている一つが「ホルモン療法」です。 ホルモン剤を投...

ホルモンバランスの乱れはカラダのSOS

■月経トラブルも女性ホルモンが関係一定のリズムで変化している女性のカラダ。ではな...

カラダノートひろば

女性ホルモンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る