カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝うっ血 >
  5. 肝うっ血ってなぁに?働きもの者の肝臓を大事にして

気になる病気・症状

肝うっ血ってなぁに?働きもの者の肝臓を大事にして

 心臓

肝うっ血ってなぁに?

働き者の肝臓を大事にして!!

 

あまり耳馴染みのない病気ですね。肝うっ血

そもそもなんで肝臓うっ血なんてするの?そしてうっしたら肝臓にとって何が悪いの?

 

あまり知られてないけど、実は結構怖い病気肝うっ血

まずはその初級編に触れてみませんか?

 

〈肝うっ血ってどんな病気?〉

肝うっ血とは、心筋梗塞や肺炎どが元で、心臓に負荷がかかって急性心不全になったり、心臓弁膜症や高血圧性心臓病慢性的な心不全になってしまったときに生じる肝臓の障です。

 

 

心不全で血液不良に

血液がうまく循環しない

肝臓に血液がうっ滞する

肝臓が腫大する

心不全で低酸素血症も加わり、その結果、肝臓の組織に重い障害を受ける

という、悪循環があります。

 

心臓と肝臓って遠いようでかなり密接な関係があるんです。

 

知ってましたか?心臓から送られた血液の全体の4分の1は全部肝臓が必要としているんです

 

肝臓のイメージって…

・「お酒や薬を代謝・分解してくれる所?」

・「なので酒飲みの肝臓は酷使されて疲れて病気になりやすい。」

・「肌に黄色い色がでてきたら肝臓の病気の証拠」

           

このくらいな感じが一般的な認識ではないですか?…結構その認識間違ってはいけません。

 

でも、実はこの肝臓それ以上に、すごく人体に大事な臓器なんです。

その役割って大きなものだけでもたくさんあるんです。以下でそれをご紹介します。

 

代謝・分解

アルコールや薬物が体に入ってきたら、この臓器の代謝・分解工場が一斉に働き、体に残してはいけない物質を代謝分解して無毒にします。肝臓は毒抜き工場です。

 

養分の流通センター

小腸から毛細血管を通ってきた養分を肝臓が受け取って、その養分を体内で貯蔵しやすい状態に変えて、その中から他の臓器に必要なものを使い易く加工して、全身に届けます。

体の物資流通センターです。

 

尿素の生産

身体中の細胞から出た有害なアンモニアを肝臓に集めて、そのアンモニアから毒素を抜いて、尿素に変えます。

その変えた尿素は腎臓に運ばれ、尿となります。

尿素の生産工場!!

 

胆汁の生産

実は働き者の肝臓。

胆汁まで自分で作ってあげます。(胆汁は膵臓の消化酵素と一緒にタッグを組んで脂肪やたんぱく質を分解消化吸収させる優れものです)

できた胆汁は一旦胆嚢に入ってから小腸に送られます。

縁の下の力持ちまでやってるんですね。

 

ちなみに肝臓が障害された時に肌に出てくる黄色い色黄疸といいます。

黄疸胆汁の中にふくまれるビリルビンがその正体です。

 

普段は便として黄金色して排泄されてますが(あの色はビリルビンの色なんですよ)肝臓が病気で正常に機能しなくなったりすると、このビリルビンが体外に出れずに皮膚や目の周りの結膜なんかに黄色い色が出るんです。

 

ちなみのちなみで 正月とかの風物詩でミカンをいっぱい食べたら指先が黄色くなるのは…あれは黄疸じゃありません。

でも、単にミカンの黄色い色が手にうつっているわけでもなく、ミカンの中に含まれるカロテノイドという色素が血液を通して皮膚にこの黄色の色素を浮かびあがらせるのです。

ミカン…美味しいけど、食べ過ぎは注意です☆

 

 

〈これだけ有能且つ働きものの肝臓〉

 

身体にとってもかなり重鎮の臓器であることをわかって頂けたでしょうか。

 

これだけの働きを一手に担うのですから、その大きさも体幹の臓器の中でNo1。大体全体重の1/50といわれてるので。

大体1キロ~1.5キロの重量です。

心臓が大体300グラムくらいなので、その大きさたるや!!

 

だからこそ、心臓が送り出す血液のウチ、その1/4を必要とするってのも納得ですよね。

 

 

〈だから、心臓機能の低下は肝臓に影響大〉

 

このように肝臓働き且つ、有能だから、その機能をばりばりに果たす為には膨大な量の血液(エネルギー)が必要

なので、心臓の機能が低下すると、直結してすぐに肝臓はうっ血してしまい弱ってしまいます。

 

〈もし肝うっ血になったらどうなるの?〉

肝うっ血になるとどんどん肝臓の組織が破壊され、肝障害が進みます。黄疸もばんばん出てきて…そのままにしておくと肝硬変肝不全に陥ります。

 

肝硬変肝不全はもう肝臓の機能がストップしたような状態です。

それが元で死亡する例もあります。

 

でもご安心下さい。現代では治療が各段に進歩したので、肝硬変重篤な肝障害を起こすケースは稀になってます!!!

 

<肝臓うっ血の治療方法>

 

まず第一に、うっ血性心不全・ならびにその原因となる心疾患に対する治療を行うこと最大の治療です。 

 

安静に加え、食事の減塩指導および強心薬、利尿薬などの投与が行われます。

 

そしてそれに並行して、肝臓に対し「庇護療法」を開始していくことが大切となります。

 

大事なのは心臓の状態を正常に近づける事

そして、安静が何より大事になってきます

 

〈しかし肝臓は本当に大事な臓器。大切にして〉

 

肝うっ血と言われたら、まず原因となる心臓疾患の治療!

それと並行して、肝臓を保護する為の庇護療法が大事です!!

そして安静かつ、塩分制限の食事指導が重要になります。

 

肝臓って意外や意外にとても重要且つデリケートな臓器。

肝うっ血をおこさないためにも本当、大事にしてあげて下さい。

 

 

 

 

・(Photo by [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/21/16/36/heart-66893_640.jpg?i ])

 

著者: ortensiaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝うっ血に関する記事

肝うっ血の治療の庇護療法って何?

   肝うっ血の治療の庇護療法って何?   肝うっ血って実は怖い病気。...

肝うっ血にならない為の5つの習慣

  肝うっ血って今まで聞いた事はあまりなかったけれど、結構大変な病気なんです。...

カラダノートひろば

肝うっ血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る