カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. 片頭痛予防に心がけたい食生活!

頭痛

片頭痛予防に心がけたい食生活!

 

 

片頭痛を抑えるために頭痛薬を服用し過ぎると薬物乱用頭痛を引き起こしかねません。

なので、治療をする上では予防療法が重要になってきます。

中でも簡単に取り組めるのが食生活の改善です。

 

化学調味料を避ける

昆布の旨み成分として有名なグルタミン酸は神経伝達物質として興奮を伝えると言う働きも持っています。

化学調味料として大量に摂取すると、片頭痛発作を引き起こす原因の一つになるので注意が必要です。

 

ビタミンB2を摂る

ビタミンB2を投与したところ片頭痛が改善したと言う報告があります。

ビタミンB2の働きは糖質などの栄養をエネルギーとして代謝するのに役立ちます。

ビタミンB2はレバーや鰻、海苔などに多く含まれています。

 

マグネシウムを摂る

片頭痛患者の3~5割が通常の人よりも19%もマグネシウム脳内濃度が低いと言う報告があります。

マグネシウムは筋肉や血管の緊張と弛緩のバランスをとる役目を持っています。

マグネシウムはアーモンドや海藻に多く含まれています。

 

まとめ

片頭痛は予防をすることによって頭痛発作の頻度を抑えたり、程度を軽減させる事ができます。

片頭痛薬として使われるトリプタンも最近のお薬ですので、長期的な視点で見るとどのような経過をたどるかはよく分かっていません。薬物乱用頭痛もあるので、服用しなくていいようになるに越したことはありません。

まずは食生活を改善して薬の量を少しずつでも減らしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/22-376591.php?category=5)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

要注意!片頭痛持ちさんが気をつけないといけない食材

片頭痛の患者さんには、ある特定の食べ物や飲み物が発作の誘発因子になるという人がた...

なるべく避けたい!片頭痛の誘因

    片頭痛の誘発因子といわれるものには様々なものがありますが、個人差が大...


片頭痛は年齢と共に変化する?!片頭痛発症の原因と年齢について

片頭痛は年齢において症状が変化することがわかっています。    つらい片頭痛の...

太陽の光にも気をつけたい!日光が原因で起きる片頭痛

  光が引き起こす症状といえば1997年に起きた『ポケモン・ショック』を思い浮...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る