カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 骨髄増殖性疾患の4つのタイプ

ガン・悪性腫瘍

骨髄増殖性疾患の4つのタイプ

顕微鏡

 

骨髄増殖性疾患とは、簡単に言うと血液が増えすぎてしまう病気です。血液が増えすぎてしまうことで出る症状で、重篤なものは血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞になりやすいというものがあります。

 

骨髄増殖性疾患には大きく4つの病態があります。

 

真性多血症

 

血液に含まれる成分、赤血球、白血球、血小板などすべての細胞が増殖します。症状は出ない場合もありますが、出る場合は、頭痛、めまい、ほてり、のぼせ、耳鳴り、入浴後に全身のかゆみなどの症状が出ます

血栓、出血などの症状も起こる場合があり、その場合は症状は重篤になりやすいので、注意が必要です。

 

慢性骨髄性白血病

 

白血病の一種で、白血球が増殖します。白血球の種類の中の顆粒球という細胞が増殖します。

通常白血球は成熟した段階で骨髄から出ますが、この病気の場合未成熟な状態の白血球が骨髄から出てしまいます

症状としては全身の倦怠感、無気力、夜間の寝汗、体重減少、脾臓の肥大などがあります。

 

本態性血小板症

 

血小板が増殖します。血小板が増えることで血液が凝固しやすくなるために血栓が生じやすくなります逆に凝固機能が欠乏し、鼻血や青あざなどの症状が出ることもあります。

また、頭痛を訴える人が多くいます。症状が出ないことも多くあります。

 

原発性骨髄線維症

 

現象としては、真性多血症、本態性血小板と同じことが起こります。血液成分が増殖することで、サイトカインなどの炎症誘発物質が分泌され、骨髄がしだいに線維化していく症状をいいます。

線維化した骨髄からは血液が作られなくなってくるため、次第に貧血などの症状が出るようになります。

この症状の根治療法は骨髄移植のみです。

 

 

このように一言で骨髄増殖性疾患といっても、さまざまな病態があります。また、一つの病態であったものが進行して別の病態になるなど、症状のあらわれかたは様々です。

いずれも進行すれば命に関わる病気ですので、健康診断の血液検査などを定期的に受け、血液に異常がないかをチェックしておくのがいいでしょう。

 

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2011/01/19-344825.php?category=393

著者: tossyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

50種類以上に分かれる軟部肉腫!痛みがないしこりに要注意!軟部肉腫とは?

  ガンが出来る部分は臓器だけではなく胸膜や腹膜などの膜(膜に出来たガンを悪性...

白血病や脳腫瘍など…子供に起こる小児がんの特徴と障害について

  小児もまれにがんに罹患することがあります。 基本的に成人と変わらない...


がんの3つの特徴って?自律性増殖・湿潤と転移・悪液質とは

今や、日本人の死亡率のトップ3に常にランクインしているがんという病気は誰でも知っ...

血液のがん「急性白血病」の化学療法はどういう順序で行われる?

  白血病は造血細胞が腫瘍化した病気で、末梢血に通常では見られない未分化の...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る