カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 胸膜炎 >
  5. 胸膜炎は原因により3つタイプがある

気になる病気・症状

胸膜炎は原因により3つタイプがある

ドラゴンフルーツ

胸膜炎とは、肺をつつんでいる膜が炎症をおこして水分を吸収できず、肺と胸膜の間に水がたまってしまい、胸痛や呼吸困難、咳などの症状を引き起こす病気をいいます。

 

胸膜炎をひきおこす原因はいろいろですが、だいたい三つのタイプに分けることができます。

 

結核性胸膜炎

結核によってひきおこされる胸膜炎です。

 

症状は深呼吸の際の胸の痛み、咳、呼吸困難、全身の倦怠感と顔面蒼白、呼吸困難によるチアノーゼなどです。

 

化膿性胸膜炎

細菌感染などによって起こる胸膜炎です。

 

高熱、頭痛などが主な症状です。また前進の倦怠感があります。特徴として水だけでなく膿がたまります。

 

がん性胸膜炎

悪性腫瘍によって起こる胸膜炎です。

 

肺のいたるところに腫瘍ができることにより炎症が胸膜にも起こります。悪性腫瘍が胸膜にも転移します。高度の呼吸困難が特徴で、ひどい胸痛もあります。

 

診断はレントゲン所見や聴診器などの打診で、位置を把握し胸膜にたまった水を抜き取って成分を検査します。成分によってどれに起因する胸膜炎かを診断します。診断結果によって治療方法が変わってきます。

 

胸膜炎は、胸膜のみの疾患でおこることはほとんどありませんので、その影にはべつの疾患があります。

 

疾患によっては早急に治療が必要なものもありますので、胸痛、呼吸困難などの症状が数日続くようであれば早急に病院へ受診して、適切な治療を受けるようにしてください。

photo by://www.ashinari.com/

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸膜炎に関する記事

胸や背中の痛みは胸膜炎を疑え!

    胸膜炎とは? 胸膜炎とは肺の表面を覆っている薄い2枚の膜の間に水がたま...

がん性胸膜炎は肺がんだけが原因ではありません

  胸膜炎とは肺をつつむ膜に炎症が起こり、水分を吸収できなくなることで、肺...


胸膜炎を判断するには深呼吸でチェック

胸膜炎と言えば、やはり目立った症状は胸の痛みとなります。ですが単に胸の痛みと言...

胸膜炎とはどんな症状?

  胸膜とは肺をとりかこむ膜のことです。 胸膜炎とは胸膜が炎症を起こし、...

カラダノートひろば

胸膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る