カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 結核 >
  6. 結核性胸膜炎は感染の可能性が低い結核です

気になる病気・症状

結核性胸膜炎は感染の可能性が低い結核です

薬

胸膜炎とは肺をつつむ膜が炎症を起こして、水分が吸収できなくなり、肺と胸膜の間に水がたまって、胸痛や呼吸困難がおこる病気です。

 

胸膜炎には原因によって種類がいくつかありますが、結核菌が原因で起こる胸膜炎を結核性胸膜炎といいます。

 

感染の可能性はない!

結核性胸膜炎は、胸膜に結核菌が感染するので、結核菌が呼吸を通して外に出ることはありません。なので、胸膜炎を患っているだけの状態では他者に感染することはありません。

 

ただし、肺にも結核菌があり、結核症状が出ている場合はこの限りではなく、菌が出ていることが確認され次第医療機関は各関係機関に通報する必要があります。

 

診断方法は胸水を採取

結核性胸膜炎では多くは片側の肺に水がたまります。たまる水の量は通常少量です。水の中に結核菌が確認できれば診断が確定します。肺結核の診断もあわせて行うため、痰などの採取も行います。

 

治療方法

治療方法は抗結核菌治療薬を投与して治療します。

 

結核性胸膜炎を放置すると5年以内に半数以上が、肺結核を患います。肺結核を患って発症すると、他者への感染が起こってしまいますので、早期に治療が必要となります。

 

ちなみに、結核を発症し、感染力があることが確認された場合、感染源となるので、発症した人と接触した人たちも結核の検査を受ける必要があります。検査方法は主にレントゲンと採血です。

 

結核は手術後や大病後などの免疫力が低下した状態のときに感染や発症がおこりやすくなります。なるべく休養をとり疲労のない状態を保つことも悪化を防ぐことになります。

 

いずれにせよ、結核は感染する病気ですので、長引くせきや胸痛などの症状があった場合は早期に病院を受診して診断をしてください。

 

また、ひとつの病院で診断がつきにくいこともあります。治療を受けても症状が改善しない場合は、複数の病院を受診して原因を特定してもらうことも重要です。

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結核に関する記事

結核後遺症と付き合う生活を

    結核はかつては大勢の人々を死に追いやった、恐ろしい不治の病でした。し...

呼吸不全を引き起こす、結核後遺症

高齢者は気をつけたい、結核後遺症     昔、今のように特効薬が無かっ...


結核後遺症とは

  結核後期障害とは!?     結核後遺症とは、結核の治癒後に呼吸...

結核が後遺症を残すのは

    結核は、それ自体の症状もつらく苦しいものであり、治療を施さなければ多...

カラダノートひろば

結核の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る