カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 原因・誘因 >
  5.  肝陽亢進による片頭痛

頭痛

 肝陽亢進による片頭痛

 

 

鍼灸的な視点から片頭痛を捉えた場合、肝陽亢進と呼ばれる状態が最も近いと思われます。

 

原因

東洋医学では各臓器は感情の影響を受けると考えられています。

肝はという感情によって失調しやすいです。ストレスの影響を受けやすいと言えます。

 

メカニズム

①肝は蔵血作用と言って血を蓄える作用があるので、失調すると血虚という血が不足した状態になります。血が不足すると陰虚と言い、陰の気も足りなくなります。

②肝には疎泄といって体中に血を行きわたらせる作用もあるので、肝が失調すると気滞(気が滞る)となります。

 

①と②によって陰陽のバランスが崩れ陽の気が強くなりすぎます。それによってますます肝陰は損傷し肝陽(肝火)が燃え上がります。

そうして頭まで上がっていった肝陽が頭痛を引き起こします。

 

症状

緊張すると頭痛が増強し、めまいを伴う事があります。また怒りやすくなり不眠や口苦、脇の痛みを訴える事もあります。

 

治療法

熄風潜陽慈陰平肝が基本となります。

身体の中で巻き起こっている風(めまいやふらつき)をおさえ、頭に上がった肝陽を下げます。

また損傷した肝陰を補い陰陽のバランスを取ります。

その為にツボや経絡を、またはお灸で刺激したり、漢方を服用

 します。

鍼灸をしていいのは鍼灸師と医師だけですので、片頭痛に対してどのような治療をするのか質問してみるといいでしょう。

まとめ

診断名は違いますが、東洋でも古くから片頭痛はあったようです。診断と治療法(どのツボを使うか)の選択に、主観的な所見も絡むために鍼灸師の腕前が問われるところです。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/22-362186.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・誘因に関する記事

意外すぎる!片頭痛の原因・・・生活習慣、鎮痛剤、心臓発作も?

    片頭痛が起きるメカニズムについてはかなりの部分が解明されてきました。...

休みの二度寝は片頭痛の元!

  休みの日はついつい二度寝してしまうという方もいます。ですが、頭痛という...


疲れた後に起きる片頭痛はセロトニンのせい!

片頭痛が起きるときについて思い返してみると疲れることがあった後に限って片頭痛...

肥満の人は片頭痛になりやすい!?

  片頭痛の慢性化を来たす因子の中に肥満があると言われています。また、若者...

カラダノートひろば

原因・誘因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る