カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 対処法 >
  5. 日常の動作を少し変えるだけ?凝りを慢性化させないために

関節痛・腰痛

日常の動作を少し変えるだけ?凝りを慢性化させないために

%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A.jpg

肩こりはどんなに軽症だとしても、日常の凝りを放置してはいけません。
凝り張り違和感は決してため込まず、慢性化させないことが重要なのです。
ここでは日常の動作の中でできる凝り解消法を紹介します。

・電車の中で

出来るだけ高い位置の吊革(男子ならば吊革の上のポール)を握るようにしましょう。
肩より上に腕を上げることで肩甲骨周囲筋の刺激になります。
右手と左手を一駅ごとに入れ替えましょう。

・デスクワークで①

キーボード操作で掌の付け根が凝り、それが首肩痛の原因になります。
ランチ時や打ち合わせの時間には、デスクの縁に掌の付け根部分を押し付けるようにして、伸ばすようにしましょう。

・デスクワークで②

肩こりは前腕部の筋肉の張りからくることもあります。
そんなときは肘から先をデスクの縁に移動させつつ押し付けて、張りをほぐしましょう。

・デスクワークで③

デスクワークのときは、椅子の座面を低くし、パソコンを台の上に乗せて目線をやや上向きにします。
こうすると腕も肩も楽な位置でキープでき、猫背の防止にもなります。

・テニスボールで

肩こりにはテニスボールが便利です。
肩周りをテニスボールで軽くグリグリとマッサージするだけで楽になります。


いつも見慣れた手近なものが使い方次第で肩こり緩和のツールに早変わりです。
みなさんもぜひお試しください。

(photo by //www.seven70000.net/2008/06/post-8.html )

著者: しょーちゃんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

肩こりの原因が肩とは別の場所に!?手首や目の疲れを癒して肩こりを解消する!

     オフィスワークを続けていると「肩がこった」と感じますが、その解消には他...

肩甲骨の痛み・肩こりに効くストレッチ!家でもできるストレッチ法 ★図解イラストあり

肩甲骨に痛みを感じたり、肩こりで悩んでいる方はいろいろな方法で症状を改善しよ...


デスクワーカーさんにオススメ!座ったままで出来るこり解消法!

   一日中パソコンの前で仕事をしている人や、スマホをいじっているひとは肩こり...

その肩のコリは「肩甲骨の緊張」が理由かもしれない…肩甲骨を動かして肩こりを解消しよう!

     オフィスワークをしているとき、肩甲骨を動かしているかどうかというと、ほ...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る