カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

運動メッツ表

 

☆成人の運動量の基準☆

3メッツ以上の運動を、1週間の運動量の合計が4メッツ以上になるような内容を行いましょう!

運動の強度(メッツ)×行った時間(時間)×回数(回/週)

=運動量(メッツ)

 

☆一覧☆

3メッツ

ボウリング、バレーボール、社交ダンス(ワルツ、サンバ、タンゴ)、ピラティス、太極拳

 

3.5メッツ

自体重を使った軽い筋力トレーニング、体操(家で、軽・中等度)、ゴルフ(手引きカートを使って)、カヌー

 

3.8メッツ

全身を使ったテレビゲーム(スポーツ・ダンス)

 

4メッツ

卓球、パワーヨガ、ラジオ体操第1

 

4.3メッツ

やや速歩(平地、やや速めに)、ゴルフ(クラブを担いで運ぶ)

 

4.5メッツ

テニス(ダブルスの試合)、水中歩行(中等度)、ラジオ体操第2

 

4.8メッツ

水泳(ゆっくりとした背泳)

 

5メッツ

かなり速歩(平地、速く)、野球、ソフトボール、サーフィン、バレエ(モダン、ジャズ)

 

5.3メッツ

水泳(ゆっくりとした平泳ぎ)、スキー、アクアビクス

 

5.5メッツ

バドミントン

 

6メッツ

ゆっくりとしたジョギング、ウェイトトレーニング(高強度、パワーリフティング、ボディビル)、バスケットボール、水泳(のんびり泳ぐ)

 

6.5メッツ

山を登る(04.1kgの荷物を持って)

 

7メッツ

ジョギング、サッカー、スキー、スケート、ハンドボール(試合)

 

7.3メッツ

エアロビクス、テニス(シングルスの試合)、山を登る(4.59.0kgの荷物を持って)

 

8メッツ

サイクリング(約20km/時)

 

8.3メッツ

ランニング(134m/)、水泳(クロール、普通の速さ)、ラグビー(試合)

 

9メッツ

ランニング(139m/)

 

10メッツ

水泳(クロール、速い)

 

10.3メッツ

武道・武術(柔道、柔術、空手、キックボクシング、テコンドー)

 

(photo by //www.ashinari.com/2012/07/04-364704.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

死亡の危険因子第4位は運動不足!!!

  健康な生活のためには、食事や運動が大切だということは何となく分かってい...

貧乏揺すりで血行促進できる!?貧乏揺すりの血行改善効果について

  運動不足の人ほど血行不良となりやすくなるのは、筋力が低下していることに...


血流を改善するなら足の屈伸が推奨

  血流を改善するためのストレッチならば、断然お勧めなのが足の屈伸です。 ...

サルコペニアを予防するには?こんな食事、運動がオススメ!

40歳以降は注意が必要なサルコペニアは、早いうちから予防することで進行を食い止...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る