カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 健康な生活を送るために0自分の体力がどのくらいか知っていますか?0

健康診断・健康管理

健康な生活を送るために0自分の体力がどのくらいか知っていますか?0

 

生活習慣病や生活機能低下のリスクを下げるためには、身体活動量を増やすだけでなく、適切な運動習慣をつけて体力を向上させることが必要です。

でも、誰もが心配するのが「体力ないからなぁ・・・」ということですよね。

普段あまりスポーツをしていない方や仕事が忙しい方は、急に運動を始めると言ってもやりすぎては体を壊してしまいます。

 

健康で安全に行うためには、まずは現在の自分がどのくらいの体力があるかを知ることが大切です。

この記事での体力とは、全身持久力のことを指します。

 

☆成人の体力の基準☆

 

※下記の強度の運動を3分以上継続できた場合、基準をクリアしていることになります。

 

18歳~39

男性11メッツ

女性9.5メッツ

 

40~59

男性10メッツ

女性8.5メッツ

 

6069

男性9メッツ

女性7.5メッツ

 

 

☆基準から見る適切なトレーニングの強度☆

 

基準値の50~75%の強度の運動を習慣的に行うことで、基準の体力を達成・維持することが出来ます。

例・・・50歳の男性の場合、5~7.5メッツの運動

 

習慣的に行うためには、130分以上の運動を週2日以上行うことが大切です。

運動をあまりされていなかった方は50%の強度から運動をはじめ、徐々に強度を上げていきましょう。

基準を達成し、それがしばらく持続できるようであれば、少しずつ強度を上げていきましょう。

 

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/02/11-376284.php

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

「継続は力なり」学生時代の運動だけでは意味がない!

    みなさん、学生時代は何の部活動に入っていましたか? 野球部、バ...

できることから運動を始めよう!

    仕事が忙しい人や運動習慣がない人は、運動と言われてもなかなか腰が...


運動不足で免疫力も低下!高齢者が健康でいるためには運動を

    高齢者となれば、あきらめに伴う運動不足が免疫低下の原因でもあるよ...

こむら返りの応急処置!正しいストレッチで解消しよう

     学校の体育で水泳の授業・サッカー・バスケットなどの激しい運動をした時...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る