カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 生活習慣病の予防や治療には、運動が不可欠とされる本当のワケ。

健康診断・健康管理

生活習慣病の予防や治療には、運動が不可欠とされる本当のワケ。

 

食生活の変化や運動習慣の低下によって、生活習慣病は大きな社会問題となっています。

運動をすることで生活習慣病になるリスクが減るといわれていますが、そもそも何でなんでしょうか?

 

病気になる仕組み

不適切な食生活、身体活動不足など

内臓脂肪がたまる

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が合併

全身の血管の動脈硬化が進む

脳梗塞、心筋梗塞、透析が必要な腎症になる

 

運動するとなぜ良い?

その1

身体活動量の増加、習慣的な有酸素性運動

エネルギーの消費量が増える

内臓脂肪と皮下脂肪がエネルギー源として使われる

腹囲や体重が減る

 

その2

運動する

    骨格筋のインスリンの抵抗性を改善する

    血管内皮機能、血流調整、動脈の伸展性などを改善

    骨格筋のLPL(リポプロテインリパーゼ)という脂肪分解物質が活発になる

    血糖値を下げる

    血圧が下がる

    HDLコレステロール(善玉コレステロール)が増える

 

手軽に取り入れられる運動

 

○ウォーキング

ウォーキングは関節にかかる負担も少ないので、膝痛などがある方でも手軽に取り入れられます。

休みの日に時間を取るのが難しい方は、仕事の通勤・帰宅時に最寄駅から1駅分を徒歩に変えるというだけでも効果があります。

 

○家事しながら運動

・座りながら行う家事を立って行う

・料理や掃除機かけをつま先立ちで行う

・買い物の時は少し大股・早めに歩行する

など、これだけでも運動量が上がるんです。

 

これらの作用が有効なのは、肥満の人ばかりではありません。

普通の体形の人であっても骨格筋を鍛えて筋力トレーニングをすることによって、上記のリスクを下げられる可能性があります。

生活習慣病になっている人にもそうでない人にも、運動は大切なんです。

 

 

(photo by //www.ashinari.com/2011/08/06-348765.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

運動不足で免疫力も低下!高齢者が健康でいるためには運動を

    高齢者となれば、あきらめに伴う運動不足が免疫低下の原因でもあるよ...

健康でありたいと願うすべての人へ0運動のススメ/運動が大事な理由0

  新しく始まった健康日本21(第2次)では、特に身体活動(運動)について...


おすすめ!継続は力なり0毎日10分から始める運動週間0

  厚生労働省は一人でも多くの人に身体活動を取り組んでもらえるよう、身体活...

疲れたときこそ、運動が大切?心と体を回復するためには運動が必要!

疲労がたまってしまったとき、横になって体を休ませることは大切ですね。 でも、あ...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る