カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. 運動前の準備 >
  5. 健康のための運動を安全に行うために気を付けたいこと

健康診断・健康管理

健康のための運動を安全に行うために気を付けたいこと

生活活動や運動は正しく取り組まないと、怪我や病気を引き起こす可能性があります。

特に生活習慣病患者の場合、健康な人と比較して整形外科的障害や心血管事故に遭遇する可能性が高いので、その予防に注意する必要があります。

では、安全に行うためにはどうすればよいのでしょうか?

 

1.服・靴の選択 

温度調節しやすい服装→熱中症などの予防

動きやすいものを着る→怪我の予防

○緩衝機能に優れている靴→膝痛や腰痛の予防

 

2.準備運動、整理運動 

準備運動→運動による障害や心血管事故の予防

整理運動→疲労の軽減、疲労蓄積の予防

 

3.種類・種目の選択 

○有酸素性運動

血圧上昇が小さい、エネルギー消費量が大きい、障害や事故の危険性が低い

○ストレッチ、筋力トレーニング

金や骨により強い抵抗や刺激を与える

 

4.足腰に痛みなどがある場合の配慮 

○足に負荷がかかり過ぎない活動を行う

市中歩行、自転車運動など

○痛みを感じた際に適切な対応が行えるようにする

速やかに患部に冷やすなど、適切な方法を習得する

 

ジムや区の施設などでは指導者や管理者がいるので、万が一のことがあればすぐに助けを求めるようにしてください。

まずは事故や怪我のないよう、しっかりと準備して取り組みましょう。 

(photo by //www.ashinari.com/2009/01/18-012808.php

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動前の準備に関する記事

スポーツの秋到来!だけど、秋の運動前後に忘れがちな注意点をチェック!

夜の時間が長くなり、少しずつ涼しくなっていくことから、過ごしやすさは抜群なのが...

準備運動と整理運動とは?関節を痛めている際の運動とポイントについて

関節を痛めている際の運動は禁物ですが人に限らず、動物とは動く生き物です。生きる...

カラダノートひろば

運動前の準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る