カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. まだまだ間に合う!健康な身体を取り戻そう0年間計画でいきいき0

健康診断・健康管理

まだまだ間に合う!健康な身体を取り戻そう0年間計画でいきいき0

 

健康な体を作り、維持するためには、運動だけでなく食事の管理も重要です。

特に肥満の場合は、以下を参考に計画を立てることをお勧めします。

 

内臓脂肪減少のためのエネルギー調整シート

 

ステップ1

身長、腹囲、BMIを確認する

※BMI=身長(m÷体重(kg

 

ステップ2

目標腹囲と達成時期を設定し、現在の腹囲との差を出す。

☆現在の腹囲-目標腹囲=A

☆達成時期=B(○ヵ月後)

 

ステップ3

目標達成のために減らしたい、1日当たりのエネルギー量を計算する

A×7,000kcal÷B÷30日=(  C  )kcal/

 

算出したCの分だけ1日の摂取エネルギー量を減らしたいので、これを運動と食事とに分けて減らしていきます。

 

運動をする場合は、メッツ表を参考にして、自分の運動量を考えてみましょう。

食事であれば、今はカロリー表示されているメニューやコンビニ食も多くありますから、少し気にして食事を選びましょう。

ただし、食事であればカロリーだけでなく全体的なバランスが大切です。

 

「主食」「主菜」「副菜」を考え、野菜中心で糖質・脂質の多すぎない食事を心がけましょう。

 

補正の仕方

補正は1年単位で考えます。

体重が増加している場合には補正をしてください。

もしも変化がない場合は、補正はしなくて大丈夫です。

 

例えば1年間で体重が△kg増えた場合・・・

kg×7,000÷365日=(  D  )kcal/日→取りすぎているエネルギー量

CからDを引き、新しく出た1日のエネルギー量を参考に考えていきます。

 

年間で計画を立てることは、自分の体を長い目で管理するのに非常に大切です。

ちょっと面倒かもしれませんが、慣れれば計算は簡単!

まずは目標を持って、始めてみましょう。

 

 

(photo by //www.ashinari.com/2011/11/24-353657.php

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

骨粗鬆症や認知症などの予防にも効果あり!運動が体に良いといわれる理由

  運動はエネルギーを消費して肥満を防いだり、高脂血症を防いだりするため、...

運動するときは、目標の脈拍数を決めよう!

      運動時に脈拍を測定すると、身体に良い効果をもたらすことがで...


生活習慣病の予防や治療には、運動が不可欠とされる本当のワケ。

  食生活の変化や運動習慣の低下によって、生活習慣病は大きな社会問題となっ...

表面筋電図の可能性~リハビリ、運動メニューの管理を表面筋電図で行う!?

  最近ではロコモ防止、生活習慣病防止のために運動を取り入れている方も増えてい...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る