カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 乗り物酔い >
  5. 乗り物酔いしやすい人・しない人0どうして起こる?乗り物酔い0

気になる病気・症状

乗り物酔いしやすい人・しない人0どうして起こる?乗り物酔い0

 

乗り物酔いとは

遠足や旅行で峠を越えるコースをバスで行ったり、風雨がきつい日にフェリーに乗ったりすると、用心していないと、誰でも感じるのが乗り物酔いです。

 

乗り物酔いの原因

1,体の平衡感覚の乱れ
  耳の奥にある三半器官が、体の平衡感覚を整えているのですが、乗り物による過度の揺れやスピードの変化によってバランスが取れなくなると、人の限界を超えた異常な刺激として、脳に伝えてしまします。

そのために、自律神経の働きが乱れてめまい・吐き気などの様々な症状を起こします。

 

2,視覚
  駅で停車中の電車から反対方向へ動き出す電車を見ると、瞬自分の体が動き出したかのように錯覚を起こすことがあります。

このような、目からの情報と体が感じる感覚のずれ乗り物酔いの原因となります。

 

3,臭覚
  排気ガスやガソリンの不快な臭いに刺激されて乗り物酔いが増すことがあります。

 

4,自律神経の乱れ
  普通、人間の体は、内耳で平衡感覚を保ち、目で位置を確かめ、筋肉が状況に応じて動くというしくみになっていて、安定した姿勢を保っているのですが、運転すると酔わないが助手席に座ると酔うというのは、脳が予測した情報とズレを感じて、自律神経の働きが乱れて起こります。

 

5,記憶がストレスに
  過去に乗り物酔いをした記憶があると、その記憶がストレスとなって、気分の悪さや吐き気、めまいを感じることがあるようです。

 

また、脳の働きが未分化な3~4才未満の乳幼児と、脳が老化している老人乗り物酔いしにくいという話です。

 

まとめ

日常生活で脳に思わぬ刺激が与えられると、不快症状を催すことが多いようです。

 

酔った場合は、我慢せずに乗り物から降りて、外の空気を吸ってリラックスしましょう。

また、大人になってから、乗り物酔いになったという場合、他の疾患が潜んでいるかもしれませんので、病院の内科や耳鼻科で受診するのも良いかもしれません。

 

 


(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/28-368225.php?category=199)

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乗り物酔いに関する記事

乗り物酔いしやすい方に知ってほしい!そのメカニズムと原因

    乗り物酔いとは、 自動車や船などの乗物に乗っている時に受ける振動...

自分に合う?乗り物酔い止め薬

  乗り物酔いの薬は飲んだ方が良い? 乗り物の揺れにより生じるめまいや吐き気...


飛行機で起きる乗り物酔いを解消

  飛行機に乗ったとき、激しい揺れや振動に遭うと気分が悪くなり、気持ち悪くなる...

外出や旅行を快適に!乗り物酔いしやすい人必見、乗り物酔い予防法

  ちょっとした外出や旅行で、乗り物の揺れや加速が強いと起こる乗り物酔いはどう...

カラダノートひろば

乗り物酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る