カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. >
  7. 薬物治療について③SSRI

メンタル

薬物治療について③SSRI

 

SSRI社会不安障害の薬物療法において基本となる薬です。

ここではそのメカニズムや特徴をご紹介します。

 

<どんな薬?>

 

放出されたセロトニンがもとの神経細胞に取り込まれるのを防ぎ、セロトニン不足を解消させます。

セロトニンの量が確保されることで心の安定を保ってくれます。

効果が高く、副作用も少ない薬ですが、効果が出るのは服用開始から1〜2週間かかるので定期的に服用する必要があります。

症状が良くなったからといって短期間で服用をやめてしまうと再発する恐れもあるので、医師の指示に従うようにしましょう。

もともと抗うつ薬として開発されたものなので、社会不安障害とともにうつ病を併発している場合でも一緒に治療することができます。

 

<副作用は?>

 

・吐き気

・頭痛

・眠気(もしくは不眠)

・性機能障害(性欲低下や射精しにくくなる)

 

これらの症状はあまり強くはなく、また服用しているうちに改善していきます。

場合によっては副作用の症状を和らげる薬と併用します。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376730.php)

著者: 紅さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

自分が飲む薬について知っていますか?薬物治療 SNRIについて

  SNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)はSSRIの次の世...

うつ病治療で薬漬けにならないためには?~うつ病の改善~

うつの症状に悩んでいる時に、「病院に行こうかな」と思うと同時に「でも薬漬けに...


精神科で処方される薬はどんな種類がある?~セロトニンに関わる薬(抗うつ薬)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬...

様々な状況でのうつ病治療

  うつ病には慢性うつ病や併存障害がある場合、妊婦さんなどの特別な条件下でのう...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る