カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. その他 >
  6. セロトニンを増やして片頭痛を防ごう!

頭痛

セロトニンを増やして片頭痛を防ごう!

 

 

日本国内で800万人以上、病院受診率が頭痛の中でも一番の片頭痛ですが、その原因は脳の血管が過剰に拡張するからだと言われています。

片頭痛になるのは、血管を収縮させるセロトニンが少ないからだと言われています。

では、どうすればセロトニンは体の中で作られるのでしょうか?

 

朝の光を浴びる

セロトニンは朝の光を浴びて脳が目覚めることによって分泌が促進されます。

寝てるあいだはメラトニンという物質が代わりに出ているので、朝の光によってメラトニンからセロトニンへスイッチを切り替えてあげます。

 

適度な運動

セロトニンはリズミカルな運動をすることによって分泌が促進される性質があります。

ウォーキングやジョギング、縄跳びなどの一定の動きを繰り返す運動によってセロトニンが増えます。

 

よく噛んで食べる

こちらも運動と同じでリズミカルな動きがセロトニンを増やしてくれます。

また、片頭痛と併発しやすい緊張型頭痛は顎関節が原因になることも多いので、よく噛んで顎を鍛えるのも効果的です。

 

深呼吸する

セロトニンは呼吸のリズムによっても分泌が促進されます。

ヨガや気功といった呼吸を重要視するエクサイズを行うことによって片頭痛が改善したという方もいます。

 

セロトニンの材料を摂る

セロトニンを合成するためには、食べ物の中からトリプトファンビタミンB6を摂らなければいけません。

マグロやカツオなどの赤身の魚、大豆製品に多く含まれています。

 

※チーズにも入ってますが、チーズには片頭痛の誘引物質の一つであるチラミンも含まれているので注意が必要です。

※サプリメントもありますが、過剰摂取はセロトニンの感受性低下を招くので気をつけましょう。

 

まとめ

血管が拡張すると片頭痛が起きます。血管を拡張させるセロトニンを作って片頭痛に備えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/20-374255.php?category=8)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

音過敏で頭痛に悩まされている人必見!耳栓の種類と特徴

    片頭痛の患者さんが悩まされている音過敏。音で頭痛が誘発されるという人は、...

リラックスで予防! 片頭痛を自律訓練法で予防する

  ストレス状態がひどくなると、自律神経の働きが悪くなり、様々な症状が起こ...


片頭痛はなぜ起こるの?傾向と対策について

  頭痛はなぜ起こるのでしょうか?片頭痛が起きやすい人の生活習慣と対策をま...

片頭痛のある人はこんな場所に要注意!

  片頭痛は発作が起きてしまうとグッタリと寝込んでしまい、生活に支障が出て...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る