カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. その他 >
  5. せっかくの3D映画が台無し?3D酔いを克服する簡単なゲームを紹介

気になる病気・症状

せっかくの3D映画が台無し?3D酔いを克服する簡単なゲームを紹介

 

3D酔いは脳が予測する動きと異なる動きが視界に入ったときに起こりやすいといわれています。
そんなことを知らずに、購入した人やこれから3Dゲームを始めたい人にゲーム酔いを克服する方法を紹介します。

 

現状

最近のゲームは自分視点3人称視点右アナログスティック等使って視点移動するゲームが増えています。

 

原因

3D酔いは、3Dで構築されたゲーム画面内を主人公の視点で、ジョイスティックで動かしながら移動させて、自分の視線もそれを追って動きますが、三半規管は実際には動きを感じないために、酔いという症状が引き起こされます。

 

目的

視点とコンロトーラーの操作の連動になれます。

 

改善法

自転車に乗る練習と同じで、最初は転倒していたけれど、バランスがとれるに従って目線が進行方向に定まってきます。

ゲームも同じで、自分が見ようと思っているところで、指の操作が自由にできることが脳の処理バランス取れる状態となります。

 

治療方法

視点操作のあるゲームを準備します。
客観視点で操作できる三人称視点アクションゲームを練習用に準備して、右アナログスティックの感度を最小にして、一番やさしいゲーム難度を選び、練習します。
 

まとめ

 

自分の行きたいところに移動するのに、スティックを意識しなくなれば、画面を見る視点とコントローラーを持つ手の連動ができつつあります。
視点が思うところに行かなければすぐに、ゲームを中止しましょう。

 

 

 

 

//www.ashinari.com/2011/01/06-344588.php

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

3D酔いって、防げる?

  3D酔いって? テレビゲームで、特にシューティングゲームは、進行と自分の...

アルコール中毒で倒れたら!?正しい対応を知っておこう!

アルコール中毒とだけ言うと、急性アルコール中毒を指すことが多いようです。飲酒、...


ゲームで3D酔いの症状とは?

  ゲームが好きで長時間3D画面のゲームを操作しているうちに酔ってしまうという...

3D酔いしやすいゲームって?

  3D酔いというと、ゲームの技術が進歩したことによって起こす人が増えてき...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る