カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 二日酔い >
  5. 食べて二日酔いを防ぎましょう!

気になる病気・症状

食べて二日酔いを防ぎましょう!

 

お花を見ながら、お酒を飲みたい楽しい季節です。
二日酔いになるまで飲んだら、すぐに対策をしましょう。

 

症状

酒などのアルコール飲料を、自分の酒代謝能力を超えて摂取すると、翌朝、顕著に現れる現象です。
例えば、頭痛、下痢、吐き気、不安感、震え、だるさなどです。

 

特徴

酒を十分な量を飲めば、誰でもなりますが、空腹で飲酒睡眠不足、飲酒しながら踊るなどで、さらに症状がひどくなります。

 

原因

アルコールを分解する際、肝臓はアセトアルデヒドという毒素の強い物質をつくります。
体内のアセトアルデヒド脱水酵素の分解が追いつかなければ、アセトアルデヒトが大量に増加して、二日酔い症状になり、頭痛や吐き気が強まります。

 

飲酒前対策

1,自分の飲める量をしっておきましょう。

体重1キロにつき1時間アルコール0.1グラムを分解するといわれていますので、自分の体重で計算してみましょう

 

2,楽しみながら飲みます。

おつまみを食べて、酵素の働きを助け肝臓の機能を強化します。

1杯目を分解した感触がしたら、2杯目を頼むなど時間をかける様に注意します。
 

3, 水分を摂ります。
お酒1杯につきコップ1杯の水を飲みましょう。
アルコールによる脱水作用を防ぎますので、飲んでいる途中でも気が付いた時に補います。

 

 

4,お酒を混ぜて飲まないようにします。
味が変わるので量をたくさん飲めてしまいますので、自分がいまどれくらいのんだか把握しておきます。

 

飲酒後対策 

1,食べ物を摂ります。

飲酒後翌朝の食べ物として、卵とバナナ、果物ジュース(酸を含まないもの)は、システイン・カリウム・果糖が含まれていて、まだ残っているアルコールを分解して、血糖値を上げ、足りない栄養素を補います
二日酔いによく効いて、食べられる物なら他の物でもOKです。

 

2,水分を摂ります。
飲酒後は、アルコールの分解には水分が必要ですので、水やスポーツ飲料を飲みます。

 

3,マルチビタミンなどのサプリを摂ります。
尿から大量に排出されたビタミンを補います
ウコンアセトアルデヒトを排出する胆汁の分泌を促すので人気です。

 

4,鎮痛剤を服用します。
ひどい頭痛のときには、アセトアミノフェン系が含まれる鎮痛剤を飲むと二日酔に効きます。

 

予防

二日酔いにならないようするに、酒量はほどほどにするのが一番です。
飲酒前にドリンク剤などを飲んで肝臓の機能を高めたり、食べ物を摂って胃腸を保護しておくことが大切です。

 

まとめ

アルコールが分解されないまま就寝すると、無呼吸症候群など思わぬ病気につながることもありますので、いびきなどが気になる時は、一度病院を訪れてみても良いでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/26-370386.php)

著者: シッポさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

二日酔いに関する記事

二日酔いが続くのはアルコール分解が完了するまで?!

    二日酔いが続くのは体内のアルコール分解が全て完了するまでです。 ...

肝臓の働きを高める胃腸薬は二日酔いにも効く

    胃腸薬と一口に言っても使用されている成分や効き目はそれぞれ異なっ...


二日酔い回復にこの飲み物!

  冬の時期は一年間の決算として、みんなで食事をするような機会が増えます。しか...

飲み始めてからでも間に合う!二日酔いを予防する方法とは

  お酒は楽しく飲んで、出来れば二日酔いにはなりたくないものですよね。二日...

カラダノートひろば

二日酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る