カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

美容・ダイエット

良い日焼け、悪い日焼け

日焼けには、良い日焼け悪い日焼けがあるって、知ってましたか?

 

実は日焼けにはパターンが2つあり、サンタンニング」と、「サンバーン」と呼ばれています。日本ではサンタンニングもサンバーンも区別せず、一緒にして日焼け と呼んでいます。けれども、肌に与える影響は全く違うものなのです

 

・サンタンニング(小麦色の肌)

サンタンニングとは、皮膚が褐色に色づいた状態の日焼けのことを言います。褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。こちらは良い日焼けです。

 

メラニン色素は紫外線が皮膚の内部に浸透するのを防ぎます。更に紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とDNAを保護する役割ももっています

 

上手にサンタンニングするには…

最初は紫外線(日差し)の弱い時間帯から日焼けを始めます。日差しが強い時には、照射時間を短めにし、間隔をあけながら徐々に小麦肌をつくっていきましょう。

 

サンバーン(火傷状態の日焼け)

サンバーンとは皮膚が火傷した状態になっている、いわゆる良くない日焼けです

肌の色が白く、角質の薄い人は紫外線に対する防衛能力が低いので、急に日焼けすると肌が火傷状態になってしまうのです

 

そうして火傷状態になり、死んでしまった表皮細胞はやがて剥がれ落ちます。これが日焼け後の皮剥けです。

 

サンバーンはの原因にもなります。

それどころか、炎症を起こした状態のまま繰り返し日焼けをし続けていると、ガン発症のリスクも高まるので大変危険です

 

 

サンタンニングとサンバーン、似ているようで全然違う2つの日焼け。綺麗な小麦肌を作りたいのなら、一日でガッツリ焼くのではなく、徐々に日差しをあびることを心がけてくださいね。そしてシミや皮剥けをつくるサンバーンには注意しましょう!

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/01-360083.php?category=286])

 

著者: natsupyocoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

夏の疲れは秋に出る!?秋になって肌トラブルが起きるのは夏の間のケアの仕方が原因かも!

  「秋になると乾燥するからお肌がボロボロ…」と感じるのは早計かもしれません。...

「クマ」のように見える影、気になるけれど対処法は?

  若いころは全く気にならなかった目の下の「クマ」。もし、影のような「クマ...


肌も夏バテ?!お疲れな肌をリセットしよう!早朝の肌をチェックすることが大切!

  夏特有の刺すような痛みを与える太陽の光、皮膚をカバーしようと何度も何度...

夏にも肌の老化が進んでいます!夏特有の肌老化の理由とは?

夏はより多くの時間外にいるという人が多いと思いますが、肌は冬と異なる理由で夏...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る