カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 日焼けのメリット・デメリット!誤ったスキンケアで肌トラブルが?

美容・ダイエット

日焼けのメリット・デメリット!誤ったスキンケアで肌トラブルが?

夏場にテレビをつけると、必ず目にするのは日焼け止めクリームのCM。

紫外線から肌を守るため、シミのない綺麗な肌のため…等々、CMや広告に踊らされて日焼け止めに対する意識が過剰になりすぎている気もします。

 

日焼けってそんなにいけないことなのでしょうか?

 

それでは、日焼けのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

  

【メリット】

・肌が黒いほうが引き締まって見える

・健康的に見える

・ビタミンDの形成に役立つ(ただし、日焼けサロンでの日焼けではビタミンDは形成されにくい)

 

【デメリット】

・シミ、そばかすが出来やすくなる

・肌が乾燥しやすくなる

・肌荒れを起こしやすくなる

・肌がゴワゴワする

・白内障や網膜の細胞にも重大な悪影響が出る

 

更に、ニキビがあるところを日焼けしてしまうと、シミになりやすくなってしまうそうです。

 

 

やはりこうして比較してみても、日焼けは良いこととは言えなさそうです。

しかし、そんな体に悪いとされている紫外線も、実は体には必要なこともあるんです。

 

・紫外線はビタミンDを合成する!

ビタミンDはカルシウムを吸収するために必要な成分です。

カルシウムだけとっていても、ビタミンDがなくては効果がないのだそうです。

 

・人体の免疫力を高める効果がある!

・過度の日焼けでなければ、むしろ発育期の子供や妊娠授乳期の女性は特に紫外線を浴びた方が健康に良い!

 

浴びすぎると悪影響のある紫外線も、避けすぎは逆に良くないようです。適度に浴びるということが必要なようです。

 

それでもやはり、1日15分程度直射日光にあたるだけで十分ということなので、夏場などは紫外線に気を付けたほうが良いでしょう。

 

 

痛い痛い日焼け後の肌…痛みを和らげる方法とは?

日焼けをした後の肌って、ヒリヒリして物凄く痛い ですよね。そのヒリヒリ、少しでもなんとかならないものでしょうか?

 

そんな緊急事態の痛みをやわらげる方法を紹介します。

 

シャワーや濡れタオルで冷却

日焼けをした肌はとにかく冷却あるのみ。ただし、急激な冷却は逆効果なので、シャワーをかける場合は、少し冷たいと感じるくらいの冷水で冷やすようにしましょう。

また濡れタオルも同様に、冷凍庫で冷却したものなど、冷たすぎるものは避けましょう。

 

食品用ラップを幹部に貼り付ける

水を付けてから貼るとよく貼りついて、効果があがるそうです。ラップのみでも痛みは和らぎますが、それでも痛みがある場合は、白ワセリンを塗ってその上からラップを貼ってみましょう。

白ワセリンはラップの密着度をあげるのと同時に、ジンジンした痛みを和らげる効果があります。ちなみにこの方法は、火傷した時にも使えます。

 

オリーブオイルを塗る

オリーブオイルが皮膚を守る皮膜の役割をしてくれます。薬局で売っているものでなくても、調理用のエクストラバージンオリーブオイルなどでも大丈夫だそうです。

 

アロエのゼリー状の部分を幹部に貼る

アロエには消毒、殺菌、洗浄作用があり、日焼けだけでなく、火傷にも効果があるそうです。

ゼリー状の部分を貼り付けても良いですし、アロエの汁をしぼって塗りつけてもいいです。

 

馬油を塗る

塗るのが早ければ早いほど治りも早いようです。

 

市販のエッセンシャルオイルを水に薄めて塗る

ティーツリーやラベンダーのオイルが良いとのことです。ティーツリーは火傷、切り傷、虫刺され、吹き出物、刺し傷などに効果があり、ラベンダーは鎮静作用があります。

 

紅茶風呂に入る

ポット一杯分の濃い目に沸かした紅茶を、お風呂に注いで入浴しても日焼けに効果があります。紅茶に含まれるタンニンが肌の炎症を抑えて、赤く腫れた肌を癒してくれます。

 

きゅうりをスライスしたものを幹部に貼る

すりおろしたものを塗るのでも、どちらでも効果があります。

 

 

日焼けをしたときの対処法色々ありますが、出来れば痛くなるほどの日焼けは避けたいですね。でも、もしもうっかり日焼けをしてしまったときは、是非試してみてくださいね。

 

 

良い日焼け、悪い日焼け

日焼けには、良い日焼けと悪い日焼けがあるって、知ってましたか?

 

実は日焼けにはパターンが2つあり、「サンタンニング」と、「サンバーン」と呼ばれています。日本ではサンタンニングもサンバーンも区別せず、一緒にして日焼け と呼んでいます。けれども、肌に与える影響は全く違うものなのです。

 

・サンタンニング(小麦色の肌)

サンタンニングとは、皮膚が褐色に色づいた状態の日焼けのことを言います。褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。こちらは良い日焼けです。

 

メラニン色素は紫外線が皮膚の内部に浸透するのを防ぎます。更に紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とDNAを保護する役割ももっています。

 

上手にサンタンニングするには…

 

最初は紫外線(日差し)の弱い時間帯から日焼けを始めます。日差しが強い時には、照射時間を短めにし、間隔をあけながら徐々に小麦肌をつくっていきましょう。

 

・サンバーン(火傷状態の日焼け)

サンバーンとは皮膚が火傷した状態になっている、いわゆる良くない日焼けです。

肌の色が白く、角質の薄い人は紫外線に対する防衛能力が低いので、急に日焼けすると肌が火傷状態になってしまうのです。

 

そうして火傷状態になり、死んでしまった表皮細胞はやがて剥がれ落ちます。これが日焼け後の皮剥けです。

 

サンバーンはシミの原因にもなります。

それどころか、炎症を起こした状態のまま繰り返し日焼けをし続けていると、ガン発症のリスクも高まるので大変危険です。

 

 

サンタンニングとサンバーン、似ているようで全然違う2つの日焼け。綺麗な小麦肌を作りたいのなら、一日でガッツリ焼くのではなく、徐々に日差しをあびることを心がけてくださいね。そしてシミや皮剥けをつくるサンバーンには注意しましょう!

 

 

自分に合ったスキンケアをしてる?誤ったスキンケアで肌トラブル

普段、何気なく使っているスキンケアグッズですが、自分の肌に合わないスキンケアグッズを使用し続けていると、とても怖い症状を起こしてしまう可能性があります。

 

誤ったスキンケアの怖さとは、どんなものなのでしょうか。

 

◆自分の肌に合わないスキンケアグッズを使うと?

肌に合っていない洗顔料や化粧水などを使用すると、肌の角質を落としてしまったり、保湿をする機能の低下、赤みや腫れ、痒みや痛みを伴うなど、肌そのものの健康が失われてしまいます。

 

◆症状を放置したら?

痒みや痛みを増してしまったり、ニキビや吹出物が沢山出来る、毛穴が黒ずむ、肌の血色が悪くなるなど、放置することで症状が重症化してしまいます。

 

◆異変を感じたら?

何が原因なのか解る場合には、原因となる物の使用を中止すべきですが、それでも肌トラブルが改善しない、違和感を感じるなどの異変を感じたら、自己解決せず皮膚科を受診しましょう。

  

毎日使っているスキンケアグッズでも、季節によって肌の状態は変わってきます。肌の状態に合わせて、その時その時で最適なものを使用しましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/07/03-037299.php?category=265]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

  「乾燥が気になる肌や、からだの皮膚のケアには尿素配合のクリームが良い」...

妊娠中にはレチノール化粧品に注意を~気になる!化粧品の品質保持期間~

女性であればたとえ妊娠中であっても、化粧は怠れないという方も多いと思います。...


膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

膝・肘・かかと・くるぶしは、スキンケアを心がけていてもカサカサになったり、硬...

メラニンを抑制*美白サプリの副作用には要注意!シミが濃くなるのは美白の証拠?

美白サプリとは肌の美白効果のある成分を有したサプリメントです。 美白と一言...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る