カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 絶望するにはまだ早い!日焼けで出来たシミの撃退法を紹介!

美容・ダイエット

絶望するにはまだ早い!日焼けで出来たシミの撃退法を紹介!

日焼け止めクリームはしっかり塗ったはずなのに…出来てしまったシミ。もうこれってもしかして一生消えないの!?女性にとってこれほどショックなことはありませんよね。

 

メラニン色素は本来、皮膚の新陳代謝が盛んで健康な肌ならそんなに長期間皮膚の中に留まるということはありません。垢となって体の外へ出されるか、もしくは途中で分解されて毛細血管を通って排出されます。

 

しかしそのメラニン色素が排出されずに、皮膚の中に留まってしまったもの、これがシミなのです

 

肌の老化が始まって新陳代謝が悪くなると、日焼けによって残されたメラニン色素が、表皮に残されたまま固定してしまう可能性が高くなってきます。

 

更に、出来てしまったシミは紫外線にあたることによって、もっと濃くなります。濃くなってしまったシミはとても治りににくいのです。

 

何としてでも紫外線を避けて、シミは絶対につくらないようにしたいですね。

 

 

それでも、どんなに気を付けていても、うっかりシミが出来てしまったら…そんなときはどうしたら良いのでしょう?

 

うっかりシミ対策

 

まずは食べ物から。色素沈着を防ぐビタミンC、Eを積極的にとりましょう

ビタミンCは野菜や果物ビタミンEはナッツ類や魚に多く含まれています

 

人の肌のサイクルは28日間で生まれ変わるので、マッサージも効果があります

クレンジング→洗顔→マッサージクリーム→化粧水→乳液、の順番で毎日の肌のお手入れに、マッサージクリームも追加しましょう。

 

また、シミにはにがりが良いということから、木綿豆腐のパックなども効くそうです

 

それでもシミがとれない場合はクリニックに行って相談するのが一番良い方法ですね。今はレーザー治療で簡単にシミを除去することが出来るようになっています。

 

そうとはいえ、やはり紫外線には気をつけて、出来る限りシミが出来ないようにしたいものです…。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019506.php?category=265])

 

著者: natsupyocoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

年をとってから肌のくすみが気になる…その原因は肌の奥の代謝が原因かも?くすみを解消する方法

  肌はシワやシミだけでなく、なんとなくの「どんより感」というのもあります。それ...

30代になって肌が黄色っぽくくすんだ…?その変化のヒミツは肌の"糖化"にあった!

  年齢を重ねて肌のくすみが気になることがありますが、どちらかというと「黄ばんで...


つい浴びてしまった紫外線…シミの発生を予防する方法とは?シミを蓄積を防ぐ猶予は2日間!?

 夏になると、女性は毎日、日焼け止めを塗って外出します。若いうちは毎日塗るこ...

ビタミンCでシミ・そばかすを予防☆肌トラブルを改善【ピーマンのきんぴら】レシピ

女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下する黄体期(月経前)はシミであったり、ニ...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る