カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 勘違いが多い?日焼け止めクリームのSPFとかPAの意味とは

美容・ダイエット

勘違いが多い?日焼け止めクリームのSPFとかPAの意味とは

 

日焼け止めクリームに書いてあるSPFとか、PAって何だか知ってますか?

 

SPF、PAは紫外線をブロックする数値です。高ければ高いほど日焼け止め効果もあがります。ただ、数値が高いほど肌への負担も大きい ので、普段使い用とレジャー用で分けて使うのが理想的です。

 

紫外線というのは、地球に届く太陽光線のなかで、一番波長が短いものです。そして大変エネルギーの強い光線です。

 

紫外線はUVA波UVB波UVC波の3種類に分けられます。

 

・UVA波(波長320~400nmの紫外線)

肌の表皮の奥にある真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチン線維を破壊します。更に、活性酸素を発生させて遺伝子を傷つけたり、皮膚免疫力を低下させます

よってUVA波はお肌のシミシワそばかすたるみなど肌の老化原を作りますUVA波は、PAの高い日焼け止めで防ぐことが出来ます。

 

・UVB波(波長280~320nmの紫外線)

皮膚の奥にある表皮まで到達し、表皮のDNAや細胞膜を破壊します

そして、表皮に炎症や軽い火傷など、皮膚トラブルを引き起こさせます

UVA波と比べると非常に強力で、短い時間で皮膚に強いダメージを与えます。酷い時には、傷ついた細胞がガンに発展することもあります。UVA波は、SPFの高い日焼け止めで防ぐことが出来ます。

 

・UVC波(波長200~280nmの紫外線)

UVB波よりも更に強力な紫外線です。オゾン層で吸収されるため地表には届かないと言われていましたが、近年のフロンガス等によるオゾン層破壊によって、影響が出てくる可能性もあるそうです。

 

 

随分前置きが長くなりましたが、SPFとはUVB波の防止効果を表す数値のことで、正式名称はSun Protection Factor(紫外線防御指数)といいます。

 

ガンガン照り付ける真夏の海辺の太陽を想像してください。日焼け止めクリームをつけずに20分も直射日光をあびていれば真っ赤になってしまいますね。

この20分がSPF1です

 

これを基準として、例えばSPF30なら20分×30倍=10時間、紫外線(UVB波)を防ぐことが出来るのです。

 

最近はSPF50以上のものは数字を表示しないという決まりがあるそうなので、SPF50以上のものは、SPF50+と表示されています

 

 

そして、PAとはUVA波の防止効果レベルを表す数値ことです。正式名称はProtection grade of UVAといいます。

 

このレベルは全部で3段階あります。

 

PA+(UVA波の防止効果がある)

PA++(UVA波の防止効果がかなりある)

PA+++(UVA波の防止効果が非常にある)

 

SPFとPAにはこのような違いがあったのです。

 

是非、これから日焼け止めクリームを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/29-012258.php?category=286])

 

著者: natsupyocoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

正しいケアで、正しい予防を!

  なぜか起きてしまう肌のトラブル、それは、正しいケアをしていないために起...

夏の疲れは秋に出る!?秋になって肌トラブルが起きるのは夏の間のケアの仕方が原因かも!

  「秋になると乾燥するからお肌がボロボロ…」と感じるのは早計かもしれません。...


にきび?それともあせも??お尻にできた「おでき」…原因は何?

お尻に、おできができた経験があるという人も少なくないようです。中にはお尻に繰り返...

「クマ」ができてる!そんな時の応急処置

お仕事を終えてこれから会食、その前にお化粧直しを・・・と思って化粧室で鏡をみ...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る