カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. その他 >
  5. いま話題の「体温をあげる健康法」が老化防止にも効く理由

美容・ダイエット

いま話題の「体温をあげる健康法」が老化防止にも効く理由

 

理想の基礎体温は36.5と言われています。

 

この理想体温を保てると、免疫力も高く、病気をしにくい健康な状態でいることができます。

 

一方、低体温の人の場合は、血行も悪く、免疫力も低下…疲労が回復しにくく、病気が好む体の状態になります。

 

たかが1℃?されど1℃!

 

1℃くらい低くても大丈夫と思うかもしれませんが、体温の1℃は体に大きな変化をもたらすのです!

 

体温が1℃下がると…
免疫力40%低下、基礎代謝12%低下、酵素の働きが50%低下します。

 

どうですか?

たったの1℃くらいと思うかもしれませんが、体にはこれだけの影響があるのです。

体に影響があるということはお肌にも影響があります。

 

女性の低体温は冷え性になりやすい!

 

女性は男性と比べると筋肉量が少ないので、低体温になりやすいと言われています。

女性に冷え症が多いのはそのためです。

 

また、便利になった現代では、暑い季節でも空調が効き過ぎたいたり、手軽に食べられる食べ物による食生活の乱れや、エレベーター・エスカレーター・交通機関の普及による運動不足が原因で低体温になりやすい環境の中で生活を送っているのです。

 

低体温になると基礎代謝が下がるので、余分な脂肪がつきやすくなったり、お肌のターンオーバーが上手く行われず体型もお肌も乱れてしまうという状態に陥りやすくなります。

 

また、体温が低いと顔の温度も低くなっているため、顔の血行不良により、老化を早く導いてしまいます。

 

体温を上げるにはどうしたら!?

 

・冷たい飲み物を避ける

暑い季節でも、冷たい飲み物を摂り過ぎないようにしましょう。

常温の水や温かい飲み物を飲みましょう。

白湯がおすすめです。

 

・体をあたためる食材を食べる

にんにくやショウガなどの薬味を上手に使って調理しましょう。

 

・入浴後は暖かく

入浴後は体の水分が蒸発して、冷えやすくなっています。

 

靴下やカーディガンを羽織って温かくしましょう。


・首元を温める

首元を温めるだけでも、ずいぶん違います。

着込むのは暑い…という場合は薄手のガーゼやタオルを首にまいて過ごしましょう。

 

流行りのファッションにも冷える要素があります。

 

春先は特に温度差が激しく体が冷えやすいので、薄手のインナー、ストール、小さいカイロを使って春のファッションを楽しみましょう。

 

体を冷やしていいことはありません。

 

体の中から健康にすることが美容への近道です。

アンチエイジングのお化粧品を使う前に、自分の体温を測ってみましょう。

 

 

 

 

(photo by [//free-images.gatag.net/tag/body-parts-face/page/3])

 

著者: cocoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

美容にも健康にも悪影響の「糖化」…抗糖化のためには具体的になにをすればいいの?

  近年研究が進んだことによって、肌や体の老化に「体の糖化」が関係していること...

老化の原因となるホルモンの分泌量の変化について

  体が老化する原因にはさまざまな要因がありますが、その中の一つに「ホルモンの...


飲んで「アンチエイジング」サプリ事情

      飲んで「アンチエイジング」サプリ事情    アンチエイジン...

老化防止にオススメ!インナーマッスルを鍛えてアンチエイジング

    筋肉強化!アンチエイジング   年を取るとどうも若いころのように...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る